耳野卯三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

耳野 卯三郎(みみの うさぶろう、1891年11月12日 - 1974年3月15日)は、洋画家日本芸術院会員。

大阪府大阪市出身[1]。1907年東京葵橋洋画研究所に入る。1916年東京美術学校西洋画科卒。文展帝展に出品、1933年光風会会員。1934年帝展特選。1942年文展審査員。戦後は日展に出品、1956年同運営会参事。1958年同評議員。1962年日本芸術院賞受賞。1967年日展理事、芸術院会員、勲三等瑞宝章受章。『耳野卯三郎静物画集』(美術工芸会、1964)がある。児童書の挿絵も多く手がけた。

脚注[編集]

  1. ^ 『20世紀物故洋画家事典』(美術年鑑社、1997年)p.289