山本倉丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 倉丘
(やまもと そうきゅう)
生誕 山本 伝三郎[1]
1893年10月12日[1]
高知県幡多郡[1]
死没 (1993-09-05) 1993年9月5日(99歳没)[1]
京都府京都市上京区[1]
国籍 日本の旗 日本
教育 京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学[1]
受賞 日本芸術院賞
1966年 「たそがれ」[1]
勲四等旭日小綬章[2]
この人物に影響を
与えた芸術家
山本春挙[2]
堂本印象[1][2]

山本 倉丘(やまもと そうきゅう、1893年2月17日[1] - 1993年9月5日[1])は、日本日本画家[1]高知県幡多郡出身[1]。本名は伝三郎[1][3][4]

四条派の伝統の上に近代的な様式を加えた花鳥画で知られ[2][4]京都画壇の重鎮であった[1]

略歴[編集]

1893年2月17日、高知県幡多郡に生まれる[1]

1918年山本春挙(早苗会)に師事[2]、1926年、京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)在学中に「麗日」が第7回帝展入選[1]。1933年同校選科卒業[1]。同年、「菜園の黎明」が第14回帝展特選[1]

山本春挙没後の1939年、堂本印象(東丘社)に師事[1][2]

戦後は日展に出品を続けた[1]ほか、東丘社展・京展・関西展等で活躍[2]。1958年の社団法人日展発足[5]時に日展評議員就任[1]。1966年「たそがれ」が第22回日本芸術院賞受賞[1][6]。1954年日展参与[1]

1993年9月5日、心不全のため京都市上京区の西陣病院で死去、享年99[1]

受賞歴[編集]

  • 1926年 - 第7回帝展入選(「麗日」)[1]
  • 1933年 - 第14回帝展特選(「菜園の黎明」)[1]
  • 1966年 - 日本芸術院賞(「たそがれ」)[1]
  • 1978年 - 京都市文化功労賞[1][2]
  • 1981年 - 京都府文化者[1]
  • 1988年 - 京都府文化特別功労者[1]

美術人名辞典によれば勲四等旭日小綬章受章者、京都府美術工芸功労者[2]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「山本倉丘」(2015年12月14日)、2016年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 美術人名辞典『山本倉丘』 - コトバンク
  3. ^ 山本, 倉丘, 1893-1993”. 国立国会図書館 (2000年11月13日). 2016年8月1日閲覧。
  4. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus『山本倉丘』 - コトバンク
  5. ^ "組織概要・沿革・定款等". 日展公式サイト. Retrieved 2018年6月20日.
  6. ^ 第22回 昭和40年/1965年度”. 日本芸術院 (1966年5月31日). 2016年8月1日閲覧。中段第22回の項。
  7. ^ 作品詳細 初夏”. 国立美術館. 2016年8月1日閲覧。
  8. ^ 作品詳細 燦”. 国立美術館. 2016年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]