高木聖雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高木 聖雨(たかき せいう[1]、1949年9月8日 - )は、日本書家。本名は茂行[2]高木聖鶴の息子[3]。教え子に中塚翠涛がいる。

岡山県[2]総社市[3]生まれ。1968年関西高等学校卒業後[3]、1973年大東文化大学文学部日本文学科卒業[2]青山杉雨成瀬映山に師事[2]大東文化大学文学部書道学科教授[2]、大東文化大学書道研究所所長[2]、公益財団法人全国書道美術振興会理事長[3]、北京大学書法藝術研究所客員教授[3]、読売書法展常任総務、謙慎書道会理事長などを歴任。2015年、改組新第2回日展文部科学大臣賞を受賞。2016年、日本芸術院賞恩賜賞を受賞[2]。2017年、第13回マルセンスポーツ文化賞を受賞。2020年12月に日本芸術院会員就任[3][4]

書籍[編集]

  • 『Q&A方式『書』の落款ハンドブック』2000年 ISBN 9784839387020
  • 『プロに学ぶ書のテクニック 5 潤渇』2001年 ISBN 9784839387129
  • 『古代文字レッスンブック』2004年 ISBN 9784839387495
  • 『古典名句を書く篆書篇』2006年 ISBN 9784839387563
  • 『おとなの手習い漢字書道入門』2008年 ISBN 9784875861546

編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 髙木聖雨先生” (日本語). 札幌市中央区円山の会員制書道教室「華」. 2021年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g スペシャル師弟対談 髙木聖雨×中塚翠涛 書の深遠を知る” (日本語). Daito Eyes. 大東文化大学. 2022年4月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 卒業生の高木聖雨さんが日本芸術院の新会員に選ばれました。” (日本語). kanzei.ac.jp. 関西高等学校. 2022年4月24日閲覧。
  4. ^ 大東文化大学の高木茂行名誉教授が日本芸術院会員に就任 -- 同大書道関係の卒業生としては初の快挙”. AGARA紀伊民報 (2020年12月7日). 2021年1月20日閲覧。[リンク切れ]