野島稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野島 稔(のじま みのる、1945年5月23日 - )は日本のピアニスト。東京音楽大学学長。神奈川県横須賀市出身。

3歳からピアノを始め、桐朋学園大学にて井口愛子に師事。高校3年の1963年第32回日本音楽コンクール第1位大賞受賞。1966年よりソ連邦の招きでモスクワ音楽院留学し、レフ・オボーリンに入門。1968年海外派遣コンクールに優勝、1969年、第3回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに第2位優勝し、翌年カーネギーホールにデビューして成功を収める。それ以来、日本とアメリカを往復しながら自由な演奏活動を謳歌する。その間ニューヨークにおいて、コンスタンス・キーンエイブラム・チェイシンズの許で研鑚を重ねた。

アメリカでは、「ピアニストの中のピアニスト」と呼ばれる。これまでに、1988年に「野島稔・プレイズ・リスト」を、1999年には「野島稔・プレイズ・ラヴェル」の計2枚のCDを発表している(前者については、2007年ジョイス・ハットーの夫ウィリアム・バーリントン=クープによって音源を盗用されていたことが発覚している)。また伝統的な作品ばかりでなく、現代日本人作品の演奏にも興味を寄せており、1986年1988年ロシア松村禎三の《ピアノ協奏曲 第2番》を演奏した。1992年有馬賞を受賞。

1981年1985年にヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに審査員として招かれて以来、国内外のコンクールの審査員に名を連ねており、仙台国際音楽コンクールのピアノ部門で審査委員長を務めるほか、2006年には横須賀芸術劇場において野島稔ピアノコンクールを創設し、自ら審査委員長を務め、後進の育成にも意欲を燃やす。

2014年日本芸術院賞を受賞。

外部リンク[編集]