杵屋喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杵屋 喜三郎(きねや きさぶろう)は、長唄の三味線方、唄方の名跡

近世初期以来のもので、杵屋六左衛門と並んで長唄宗家の名で、双方をともに代数に数える。喜三郎は六左衛門、杵屋勘五郎の前名であることが多い。元禄15年(1702年)の江戸劇場番付に名は見えるが、6代までは不明の点が多い。

初代[編集]

後の2代目杵屋勘五郎

2代目[編集]

後の4代目杵屋六左衛門

3代目[編集]

4代目[編集]

後の6代目杵屋六左衛門

5代目[編集]

慶安2年?(1649年) - 正徳5年?5月12日1715年6月13日?))

2代目杵屋勘五郎の次男。兄に4代目杵屋六左衛門。作曲に「酒呑童子」「槍踊」がある。

6代目[編集]

(生年不詳 - 享保15年(1730年2月19日))

後年に6代目杵屋六左衛門を襲名したようだが確証する史料は存在しない。「泰平の綱引」を作曲。

7代目[編集]

(生年不詳 - 宝暦2年(1752年2月25日))

6代目の実子。娘・お岸が2代目中村仲蔵の妻。杵屋太十郎が襲名。作曲に「傾城道成寺」「相生獅子」がある。

8代目[編集]

(生年不詳 - 天明7年(1787年9月20日))

7代目の実子。初代杵屋三郎助1768年に8代目喜三郎を襲名。養子の万吉が9代目杵屋六左衛門。作曲に「種蒔三番叟」。

9代目[編集]

12代目杵屋六左衛門の前名。

10代目[編集]

(生年不詳 - 嘉永3年(1850年7月30日))

12代目杵屋六左衛門の養子。初名を田中佐太郎1839年から中村座に出ている。1844年に10代目喜三郎を襲名。夭折したという。

11代目[編集]

5代目杵屋勘五郎の前名。

12代目[編集]

13代目杵屋六左衛門の前名。

13代目[編集]

後の杵屋俊二

14代目[編集]

14代目杵屋六左衛門の前名。

15代目[編集]

1923年11月21日 - )

京都生まれ。14代目六左衛門の長男、本名・杵家安廣。永田町小学校(現・千代田区立麹町小学校[1]東京美術学校 (旧制) を卒業。父および山田抄太郎、3代目杵屋六四郎に師事。1930年杵屋吉之丞、1942年喜三郎を襲名。1997年人間国宝、1999年日本芸術院賞受賞。長唄協会名誉会長。妹が15代六左衛門を襲名しているため、代数に混乱がある。

弟に2代目寒玉(前名:六世 杵屋勘五郎)がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「文芸春秋」1994年3月特別号、p.72、「同級生交歓」より。歌舞伎役者市村鶴蔵とは同級で友人であった。