田中佐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中佐太郎(たなかさたろう)は、歌舞伎囃子方の名跡。


九代目田中 佐太郎(たなか さたろう、1948年5月26日 - )は、歌舞伎囃子方。

十一代目田中傳左衛門の三女。本名は亀井令子。配偶者は能楽師(葛野流大鼓方)の亀井忠雄。長男は能楽師(葛野流大鼓方)の亀井広忠。次男は十三代目田中傳左衛門(歌舞伎囃子方)。三男は七代目田中傳次郎(歌舞伎囃子方)。東京都出身、和洋女子短期大学卒業[1]国立劇場養成課歌舞伎音楽(鳴物)研修主任講師[2]

著書[編集]

  • 「鼓に生きる 歌舞伎囃子方田中佐太郎」 氷川まりこ、田中佐太郎 (淡交社) 2018年10月 ISBN 978-4473042750

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.549
  2. ^ 研修講師インタビュー 田中佐太郎(たなかさたろう)師(歌舞伎音楽(鳴物)主任講師)※令和元年10月掲載”. 国立劇場. 2021年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]