桑田笹舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑田 笹舟(くわだ ささふね、明治33年(1900年6月24日 - 平成元年(1989年7月31日)は、日本書道家。福山市名誉市民。本名・桑田 明(くわだ あきら)。

経歴[編集]

広島県福山市坪生町出身。1921年教員試験に合格し神戸市立神戸小学校[1]、神戸市立神戸女学校に奉職。同年安東聖空に師事。1924年古筆研究家の田中親美に師事。1924年一楽書芸院を設立、会長に就任。1927年「かなとうた」発刊。1932年関西書道会展、東方書道会展で最高賞受賞。1940年教職を退き、書道に専念。

戦後は日本かな書道界をリード、現代かな書の先駆けとなる。1951年日展特選。1956年朝日新聞社主催「現代書道二十人展」に出品。1965年兵庫県文化賞。1970年日本芸術院賞受賞[2]1978年勲四等旭日小綬章1980年東大寺華厳経奉納。1981年紺綬褒章1982年東宮御所において皇太子妃(現在の皇后美智子)に料紙について御進講。    

その他、日展理事・毎日書道展審査会員、一楽書芸院会頭、日本書芸院名誉顧問などを歴任。関西かな上位の基盤を作った一人で、門下から多くの人材を輩出。「大字かな」運動の先駆者として書道隆盛の基礎を築いた。また古筆と料紙の探求に専念し、王朝の料紙を現代に再現する等、料紙研究家としても第一人者であった。

同じく書家であった桑田三舟は実子にして弟子である[3]

書籍[編集]

  • 「和漢書道史」
  • 「かなのすがた」
  • 「かなの美」
  • 「假名書道概説」
  • 「比庵」

脚注[編集]

  1. ^ 同校はその後校名を3度変えており、現在の神戸市立こうべ小学校である
  2. ^ 『朝日新聞』1970年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  3. ^ コトバンク (2015). "桑田三舟(読み)くわだ さんしゅう". 講談社. Retrieved 2018年9月23日.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]