中山忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 忠彦(なかやま ただひこ、1935年3月20日 - )は、日本の洋画家日本芸術院会員。日展元理事長 (現在は顧問)。白日会会長。福岡県小倉市(現・北九州市)生まれ。 千葉県市川市国府台在住。 

経歴[編集]

9歳で大分県に疎開。1950年に15歳で県展に入選。

中津西高校(現・大分県立中津南高等学校)卒業後上京して伊藤清永に入門。アルバイトのかたわら三輪孝主宰の洋画研究所や英国王立美術学校に学ぶ。

1954年、日展に入選。

1958年、白日会会員に推挙される。

1965年の結婚以来、良江夫人をモデルにした美人画を描き続け、1996年日本芸術院賞受賞、1998年芸術院会員となる。

2002年、伊藤清永の後任として白日会会長に就任。

2009年、日展理事長に就任 (2013年に退任)。

2015年、日展理事を退任し、新顧問に就任[1]

2019年、旭日中綬章受章[2]

  • 『中山忠彦画集』(ビジョン企画出版社、2006)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “日展新人事、新役員・準会員決まる”. Art Annual onine. (2015年6月4日). http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/50446/ 2015年6月17日閲覧。 
  2. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]