堀口捨己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほりぐち すてみ
堀口 捨己
生誕 1895年(明治28年)1月6日
日本の旗 日本岐阜県本巣郡席田村
死没 (1984-08-18) 1984年8月18日(89歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞論文賞(1950年)
日本建築学会賞作品賞(1951年)
日本芸術院賞(1957年)
紫綬褒章(1963年)
建築物 八勝館 御幸の間
明治大学和泉第二校舎
常滑市陶芸研究所
かん居

堀口 捨己(ほりぐち すてみ、1895年1月6日 - 1984年8月18日)は、日本の建築家。ヨーロッパの新しい建築運動に心惹かれ、東大同期生らと従来の様式建築を否定する分離派建築会を結成。後に日本の数寄屋造りの中に美を見出し、伝統文化とモダニズム建築の理念との統合を図った。

論文「利休の茶」で北村透谷賞を受賞。また歌人として、さらには日本庭園の研究家としても知られる。日本の建築庭園の関係を「空間構成」としてとらえ、昭和戦前期より庭園に関する資料を収集し、1962年に神代雄一郎と共著で外国人向けに『Tradition of Japanese Garden』を、1965年に庭園論集『庭と空間構成の伝統』を出版、1975年に出版された自らの作品集の名称は『家と庭の空間構成』としている。

1984年8月18日死去。本人の意向により、その事実は公にされなかった。関係者の間ではうすうす死亡したのではないかと噂されていたが、1995年1月28日に開催された「堀口捨己生誕100周年記念行事」の際に初めて公にされた。

経歴[編集]

主な作品[編集]

平和記念東京博覧会平和塔( 1922)
小出邸 (1924)
明治大学和泉第二校舎 (1960)
竣工年 作品 所在地 備考
1922年(大正11年) 平和記念東京博覧会交通館・航空館、動力館・
機械館、電気工業館、鉱産館・林業館
13東京都台東区 現存しない
1924年(大正13年) 小出邸 13東京都文京区 江戸東京たてもの園に移築
1926年(大正15年) 紫烟荘 11埼玉県蕨市 現存しない
1927年(昭和2年) 双鐘居
1929年(昭和4年) 神戸海洋気象台新館 28兵庫県神戸市中央区 現存しない
1930年(昭和5年) 吉川邸 13東京都品川区 現存しない
徳川邸
1931年(昭和6年) 塚本邸
1933年(昭和8年) 中央気象台品川測候所 13東京都品川区 現存しない
岡田邸 13東京都品川区 現存しない
1934年(昭和9年) 永井邸
1935年(昭和10年) 飯塚測候所 40福岡県飯塚市
荒尾邸
水戸地方気象台(水戸測候所) 08茨城県水戸市
1936年(昭和11年) 中西邸
1937年(昭和12年) 取手競馬場
内藤邸
聴禽寮
1938年(昭和13年) 山川邸 28兵庫県芦屋市
海洋気象台
大島測候所 13東京都大島町 現存しない
1939年(昭和14年) 旧若狭邸 13東京都目黒区
1941年(昭和16年) 西郷邸
1946年(昭和21年) 岩波茂雄墓 14神奈川県鎌倉市
1949年(昭和24年) 尖石遺跡復元住居 20長野県茅野市
1950年(昭和25年) 八勝館 御幸の間 23愛知県名古屋市昭和区
1951年(昭和26年) 美似居 13東京都台東区 現存しない
1955年(昭和30年) サンパウロ日本館 ブラジル 現存しない
万葉公園と万葉館および万葉亭 14神奈川県湯河原町
三朝温泉旅館後楽 31鳥取県三朝町
料亭植むら亭 13東京都中央区
和辻哲郎墓 14神奈川県鎌倉市
1956年(昭和31年) 大森の小住宅 (堀口自邸) 13東京都大田区 現存しない
1957年(昭和32年) 岩波茂雄 13東京都文京区
1959年(昭和34年) 旧一条恵観山荘移築 14神奈川県鎌倉市 現・止観亭
1960年(昭和35年) 明治大学和泉第二校舎 13東京都杉並区
1961年(昭和36年) 常滑市陶芸研究所 23愛知県常滑市
1962年(昭和37年) 静岡サンモール修道会・礼拝堂 22静岡県静岡市
1964年(昭和39年) 白川邸
明治大学生田校舎1号館・4号館 14神奈川県川崎市
静岡雙葉学園普通教室棟 22静岡県静岡市
1965年(昭和40年) 明治大学生田校舎2号館・3号館・斜路 14神奈川県川崎市
かん居
1966年(昭和41年) 福岡雙葉学園講堂・体育館、小学校舎 40福岡市中央区
1968年(昭和43年) 大原山荘
1969年(昭和44年) 如庵移築 23愛知県犬山市
1970年(昭和45年) 清恵庵 41佐賀県佐賀市

主な著作[編集]

  • 『現代オランダ建築』(1924年)
  • 『紫烟荘図集』(1927年)
  • 『現代建築に現はれたる日本趣味』(1932年)
  • 『一住宅と其庭園』(1936年)
  • 「茶室の思想的背景と其構成」(1936年)
  • 「君台観左右帳記の建築的研究 室町時代の書院及茶室考」(1942年)
  • 『草庭』(1948年)
  • 『利休の茶室』(1949年) 日本建築学会賞(論文賞)
  • 『桂離宮』(1952年)
  • 『庭と空間構成の伝統』(1965年)
  • 『建物と茶の湯の研究』(1968年)
  • 『茶室研究』 (1969年)
  • 『建築史』(1970年)
  • 『利休の茶』(1970年)雑誌「思想」(1941年)に掲載時に北村透谷文学賞
  • 『書院造りと数寄屋造りの研究』(1978年)
  • 『堀口捨己歌集』 (1980年)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1957年2月28日(東京本社発行)朝刊、11頁。