沼田一雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沼田一雅『芸術新潮』第5巻第5号、(1954年)

沼田 一雅(ぬまた かずまさ/ぬまた いちが、1873年(明治6年)5月5日 - 1954年(昭和29年)6月5日)は、日本の陶磁器彫刻家工芸家[1]

人物[編集]

福井県福井市出身。本名は「沼田 勇次郎」。竹内久一彫刻を学ぶ[2]。渡仏してセーヴル陶磁器製作所(現:国立陶芸美術館フランス語版)にてセーブル焼陶磁器彫刻の研究を行う。 1900年(明治33年)パリ万国博覧会で鋳銅「猿廻し置物」が1等金牌を受賞[1]。 その後、東京美術学校教授、帝展審査員等を務めた。また、日本陶彫会を結成し、その会長を務めた[3]。1954年5月、日本芸術院賞恩賜賞を受賞。

記念像[編集]

主な作品[編集]

正木直彦像(沼田一雅作陶像原型)
1921年(大正10年)5月手島精一先生銅像除幕式の光景[4]
ワグネル陶像東京工業大学博物館・百年記念館(地下1階:特別展示室A)

脚注[編集]

外部リンク[編集]