鶴岡義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴岡 義雄(つるおか よしお、1917年4月13日 - 2007年10月27日)は、茨城県土浦市出身の洋画家、代表作に「マドモアゼル・シリーズ」がある。 日本芸術院会員。サロン・ドートンヌ会員。二科会常務理事[1]

経歴[編集]

 旧制土浦中学(現茨城県立土浦第一高等学校)卒、日本美術学校卒、1941年二科展初入選、1947年、二科賞、1950年二科会員。1974年、二科展総理大臣賞、日本赤十字社銀色有功章。1980年、二科会常務理事、1981年、インターナショナルアメリカ展グランプリ、1990年、二科展で日本芸術院賞受賞、1993年勲四等旭日小綬章受章[2]1994年、日本芸術院会員。2000年、二科会理事長、2006年、同名誉理事。

画集[編集]

  • 「鶴岡義男画集」(日動出版部、1986年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 美術人名辞典の解説『鶴岡義雄』 - コトバンク
  2. ^ 「93年秋の叙勲(都内分) 努力今むくわれて喜びの受章者」『読売新聞』1993年11月3日朝刊