森白甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 白甫(もり はくほ、1898年7月6日 - 1980年5月27日)は、日本画家日本芸術院会員。

東京市浅草区生まれ[1]1916年荒木十畝に師事。帝国美術院展覧会に出品、1931年特選、1938年文部省美術展覧会審査員、1946年日本美術展覧会審査員、1950年多摩美術大学教授、日本美術展覧会運営会参事、1958年日本芸術院賞受賞、日本美術展覧会評議員、1971年同理事、1976年勲四等旭日小綬章1978年日本芸術院会員。

作品[編集]

図書[編集]

  • 『日本画の新技法』(著書)小笠原書房 1947年
  • 『現代日本画家評伝 第6篇 森白甫』川路柳虹芳川赳 豊国社 1941年
  • 『現代名家素描集 第2輯 森白甫自選 鳥類篇』芸艸堂 1940年

紙本・着色[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森白甫 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」 コトバンク
  2. ^ a b 練馬区立美術館 森白甫