古谷蒼韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古谷 蒼韻
Shigeru Furutani cropped 1 Shigeru Furutani 201011.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
原語名 古谷 蒼韻
(ふるたに そういん)
生誕 古谷 繁
(ふるたに しげる)

1924年3月3日
日本の旗 京都府
死没 (2018-08-25) 2018年8月25日(94歳没)
日本の旗 京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都師範学校卒業
著名な実績
代表作 『万葉・秋雑歌』
1985年
流派 蒼遼会
受賞 日展特選(1961年
日展内閣総理大臣賞
1981年
日本芸術院賞(1985年)
選出 日本芸術院
民族 大和民族
活動期間 1940年代 - 2018年
この人物に影響を
与えた芸術家
中野越南
辻本史邑
村上三島

古谷 蒼韻(ふるたに そういん、1924年3月3日 - 2018年8月25日)は、日本書家日本芸術院会員文化功労者本名古谷 繁(ふるたに しげる)。

蒼遼会主宰、社団法人日展顧問などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

京都府出身。京都師範学校卒。本名は繁。師範学校在学中に中野越南に私淑した後、辻本史邑村上三島に師事。

書家として[編集]

1961年日展特選、1981年日展内閣総理大臣賞。1985年「万葉・秋雑歌」で日本芸術院賞[1]。日展顧問、日本書芸院最高顧問、読売書法会最高顧問、京都書道作家協会会長。蒼遼会を主宰。2006年日本芸術院会員、2010年文化功労者。 2018年8月25日午前6時55分、肺炎のため、京都市内の病院で、死去。 満94歳没。

著作[編集]

  • 書道技法講座 27 草書 懐素千字文 二玄社 1974
  • 詩歌書例一〇〇選 8 日本 良寛 二玄社 1999.2
  • 明清行草字典 二玄社 2001.10
  • 古谷蒼韻作品集 1-2 ビジョン企画出版社 2009.9

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞』1985年3月30日(東京本社発行)朝刊、22頁。