岸田日出刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1951年

岸田 日出刀(きしだ ひでと、1899年2月6日 - 1966年5月3日)は、日本建築学者。造形意匠の権威。

略歴[編集]

安田講堂

福岡市士族、裁判所書記岸田稔の次男として生まれる(鳥取県東伯郡北条町(現北栄町)出身)[1]東京府立三中一高理甲を経て、1922年東京帝国大学工学部建築学科卒業。1929年、東大教授に就任。

東大安田講堂、東大図書館の設計に関わる。

1930年代には、多摩美術大学美術学部でも建築史を教えていた。[2][3]

1947年から翌年まで日本建築学会会長。1950年日本芸術院賞受賞。岸田研究室には丹下健三前川國男立原道造浜口隆一が在籍した。

脚注[編集]

  1. ^ 『新日本人物大観』(鳥取県版) 1958年 キ…334頁に“東伯郡北条町出身”と記載されている。
  2. ^ http://www.shiro1000.jp/tau-history/strike/personal-.html
  3. ^ http://www.shiro1000.jp/tau-history/1935/professor.html

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 キ…334頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]