東京都立両国高等学校・附属中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立両国高等学校・附属中学校
東京都立両国高等学校・附属中学校
過去の名称 東京府第三中學校
東京府立第三中學校
東京都立第三中學校
東京都立第三新制高等学校
東京都立両国高等学校
国公私立の別 公立学校(都立)
設置者 東京都の旗 東京都
併合学校 東京府立第三中學校夜間中學校
校訓 自律自修
設立年月日 1901年(明治34年)
開校記念日 6月28日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13277C
所在地 130-0022
東京都墨田区江東橋一丁目7番14号
公式サイト 東京都立両国高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立両国高等学校・附属中学校(とうきょうとりつ りょうごくこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう)は東京都墨田区江東橋にある都立中学校高等学校中高一貫制

概観[編集]

ナンバースクールの旧制府立三中を前身とする。通称は「両高」(りょうこう)。初代校長には八田三喜が就任し、スパルタ的な教育を行いつつも、学友会活動を重視し自律精神の養成に努めた。厳格な規律を重んじる校風は、2代校長の広瀬雄以降にも受け継がれ、今日まで続く校訓である「自律自修」の基礎を築いた。

1950年代1960年代は第六学区トップ校として東京大学合格者を40~60名前後輩出。当時は千葉県からの越境通学者も多く、広範囲から生徒が集まっていた。学校群制度時代は墨田川高校小松川高校と61群を組んだ。

2006年(平成18年)度より附属中学(3クラス、男女計120名)が開校し、中高一貫校として移行した(「併設型」のため高校からも入学できる)。中学受験においては都立中高一貫校の中でも高い難易度を維持しており、一部では小石川武蔵と共に「都立中御三家」と呼ばれている。

教育方針[編集]

府立三中以来、自らを厳しく律し、自ら進んで学ぶという「自律自修」の校訓に基づいた教育がなされており、厳格な規律の中でも自主性を重んじる校風である。

芥川龍之介堀辰雄石田衣良など、文芸界の第一線で活躍する著名人を輩出してきた伝統は両国の国語教育に現れている。中学1年時から作文や論文の執筆や読解を求められ、一年間で複数のレポート・論文の執筆、中学3年時には高校レベルの評論文の読解など、卒業時まで一貫した「国語教育」「書かせる教育」が実践されている。出版活動も盛んで、生徒会が1年間の集大成として発行する『365日』や、教員による研究結果を発表する『三高教室』という学術雑誌がある。

語学教育の一環として中学生で英語劇が行われ、9月に開催される両国祭の一つの目玉となっている。また、中学3年時と高校3年時には活きた英語を身につけることを目的とした「実践英語」が必修となっているなど、英語教育には積極的である。

地域の経済状況もあって、古くから「勉強の両国」と称されるほど総じて受験指導には熱心であった。補習や長期休業中の講習が多く開かれるほか、試験の成績上位者の張り出しや、学習面でのアンケートによる生徒の学習状況の把握などが行われる。中高一貫校化に伴って「予備校不要」の更なる強化を打ち立てている。なお、2005年より土曜授業を復活させている(4時間授業で年16~17日間)。

沿革[編集]

創立当時の校舎の外観
初代校長として尽力した八田三喜

基礎データ[編集]

アクセス[編集]

象徴[編集]

校章[編集]

5枚の桜の花弁と5筋の旭光を交互に円形に配し、中央に「三高」の字を置く(旧制中学時代は「三中」)が、これは学制改革期に一時使用した「都立第三新制高等学校」の校名の名残である。附属中学校は基本的なデザインを踏襲しつつ、文字を「両国」に替えたものを使用する。桜と旭光の意匠は府立一中の影響を受けたもの。

制服[編集]

男子の制服は旧制三中時代から引き継いだ、前をホックでとめる形式の詰襟だが、これは当時の一中の制服と同形である。というのも三中は元々一中分校から発展した学校だからである。戦後に、「三高」という文字入りのボタンを使用する標準的な学生服も導入されたが、附属中開校に伴い、ホック式詰襟に統一された。附属中でもプラスチック製のホックを使用し、襟に「両国」という文字の校章を付けられている。

女子の高校の制服は平成21年度からデザインが多少変わった。中学の制服は開校した平成18年度から変わっていない。ブレザーは中高共通で濃いグレーで三つボタン。スカートは中高どちらも濃いグレーの生地のチェックのスカートであるが、高校は水色と薄いグレーのチェック、中学はピンクと薄いグレーのチェック、と分けられている。リボンもあり、スカートのチェックと同じ色に揃えられていてストライプ模様である。全体的に可愛らしいデザインとなっている。

学校行事[編集]

両国祭
9月に行われる文化祭。附属中の生徒と一緒になって行われる。高校生はそれぞれのクラスで劇やミュージカルをすることが多い。外部投票が行われ、大衆賞・展示部門賞で投票数が多かった優秀な団体は表彰される。中学生の英語によるミュージカルは都大会にも出場するほど。第60回東京都英語学芸大会playの部で、第一期生が二年生にして、初出場3位に入り、第62回大会では広島をテーマにしたUnder the Same Skyで初優勝を遂げ、翌年の第63回大会も東京大空襲をテーマとするsing like the windで連覇を果たした。
体育祭
応援団は援団と呼ばれ後半の一番目のプログラムに入っている援団のダンスは見物。赤軍(せきぐん)・青軍(せいぐん)・黄軍(こうぐん)の3つの軍に分かれ、投票により順位が決まる。その様子はテレビ番組でとりあげられたこともある。代々の応援歌は、赤=慶應 青=早稲田 黄=東大 と、それぞれの大学応援歌の替え歌である。
合唱コンクール
各クラスが課題曲と自由曲を歌い完成度を競う。

高校関係者と組織[編集]

関連団体[編集]

  • 淡交会…同窓会。桂友会…定時制の同窓会
  • 両国高校後援会…後援会

高校関係者一覧[編集]

参考・関連書籍[編集]

  • 『両国高校百年誌』(両国高校百年誌編集委員会編、創立百周年記念事業実行委員会発行、2002年)
  • 『両国高校八十年』(両国高校編集委員会編、両国高校創立八十周年記念協賛会発行、1982年)
  • 『東京府立中学』(岡田孝一、同成社近現代史叢書8、2004年) - 当校出身者による著作。筆者は当校百年誌編纂委員長。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、旧制中学校のような中等教育機関ではない

外部リンク[編集]