西沢立衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西沢立衛
生誕 (1966-02-07) 1966年2月7日(56歳)
神奈川県横浜市
国籍日本の旗 日本
出身校横浜国立大学
職業建築家
受賞日本建築学会賞(1998、2006、2012年)
吉岡賞(1999年)
ベネツィア・ビエンナーレ金獅子賞(2004年)
ショック賞(2005年)
プリツカー賞(2010年)
村野藤吾賞(2012年)
所属 SANAA
西沢立衛建築設計事務所
横浜国立大学大学院
建築物 森山邸
十和田市現代美術館
豊島美術館

西沢 立衛(にしざわ りゅうえ、1966年2月7日 - )は、日本建築家一級建築士)。横浜国立大学大学院Y-GSA教授。(有)SANAA、(有)西沢立衛建築設計事務所代表。プリツカー賞日本建築学会賞作品賞3度、吉岡賞他多数受賞。兄は同じく建築家の西沢大良

略歴[編集]

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

西沢立衛建築設計事務所名義の作品に限る。SANAA及び妹島和世建築事務所との共作はSANAAに掲載。

十和田市現代美術館
豊島美術館
軽井沢千住博美術館
竣工年 名称 所在地 用途 備考
1998年 ウィークエンドハウス 10群馬県碓氷郡 日本 専用住宅
1999年 ペーパーショウ 13東京都港区 日本 展覧会会場構成 会期終了
2001年 鎌倉の住宅 14神奈川県鎌倉市 日本 専用住宅
2003年 ラブプラネット展の会場構成 33岡山県岡山市 日本 展覧会会場構成 会期終了
2004年 本村ラウンジ&アーカイブ 37香川県直島町 日本 オフィス+ギャラリー
2004年 船橋アパートメント 12千葉県船橋市 日本 集合住宅
2005年 森山邸 13東京都 日本 専用住宅+集合住宅
2007年 小山登美夫ギャラリー代官山 13東京都渋谷区 日本 ギャラリー 現存せず
2007年 House A  13東京都 日本 専用住宅
2008年 永井画廊  13東京都中央区 日本 ギャラリー
2008年 十和田市現代美術館 02青森県十和田市 日本 美術館
2008年 横浜トリエンナーレ2008
新港ピア会場構成
14神奈川県横浜市 日本 展覧会会場構成 会期終了
2010年 熊本駅東口駅前広場 43熊本市西区 日本
2010年 豊島美術館 37香川県土庄町 日本 美術館
2011年 軽井沢千住博美術館 20長野県軽井沢町 日本 美術館
2012年 ガーデン・アンド・ハウス 13東京都 日本 専用住宅+オフィス
2012年 Treform 13東京都豊島区 日本 集合住宅
2013年 小豆島の葦田パビリオン 37香川県小豆島町 日本 パビリオン
2013年 森の屋根ときのこ 26京都市左京区 日本 パビリオン
2014年 寺崎邸 14神奈川県 日本 専用住宅
2014年 Cawaii Bread & Coffee 13東京都中央区 日本 店舗 改築
2014年 日本キリスト教団 生田教会 14神奈川県川崎市 日本 宗教施設
2016年 徳田邸 26京都府京都市 日本 専用住宅 改築
2018年 大八木邸 13東京都 日本 専用住宅
2018年 House in Los Vilos ロスヴィロス チリ 専用住宅

主な著書[編集]

  • 『妹島和世+西沢立衛/SANAA―WORKS1995‐2003』(TOTO出版、2003)
  • 『GAアーキテクト (18) 妹島和世+西沢立衛 1987-2006―世界の建築家』(2005)
  • 『建築をつくることは未来をつくることである 』(TOTO出版、2007)
  • 『建築について話してみよう』(王国社、2007)
  • 『続・建築について話してみよう』(王国社、2012)
  • 『西沢立衛|西沢立衛建築設計事務所スタディ集』(INAX出版、2009)
  • 『西沢立衛対談集』(編著、彰国社、2009)
  • 『西沢立衛建築設計事務所ディテール集』(彰国社、2010)
  • 『トウキョウ・メタボライジング』(TOTO出版、2010)
  • 『美術館をめぐる対話』(集英社、2010)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 日経クロステック(xTECH). “伊東豊雄氏の言葉から刺激、西沢立衛氏に聞く(2)(新しい建築の鼓動2011)” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2023年1月7日閲覧。
  2. ^ 【水戸第一高校】華麗なる卒業生人脈!公明党代表・山口那津男、日産と丸紅「中興の祖」、オセロ開発者…” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2023年1月3日). 2023年1月7日閲覧。