曽禰達蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
曽禰達蔵
曽禰達蔵.jpg
日本建築学会発行「建築雑誌1938年2月号」より
生誕 1853年1月3日
江戸
死没 1937年12月6日
国籍 日本の旗 日本
出身校 工部大学校
職業 建築家
所属 三菱合資会社
曽禰中條事務所
建築物 慶應義塾大学図書館
旧鹿児島県庁舎本館(現・県政記念館)
日本郵船神戸支店
曽禰達蔵

曽禰 達蔵(そね たつぞう、1853年1月3日嘉永5年11月24日) - 1937年昭和12年)12月6日)は日本建築家

同郷の辰野金吾とともにジョサイア・コンドルに学んだ日本人建築家の第1期生。丸の内の三菱オフィス街の基礎を築き、のち後輩の中條精一郎1868年 - 1936年)とともに設計事務所を開設。

曽禰中條建築事務所は都市を飾る数多くのオフィスビルを送り出した。

経歴[編集]

  • 1852年(嘉永5年)唐津藩士(祐筆)曽禰寸斉の子として江戸に生まれる
  • 1873年(明治6年)工部大学校入学
  • 1879年(明治12年)工部大学校造家学科(のちの東京大学建築学科)卒業、工部省入り
  • 1881年(明治14年)工部大学校助教授
  • 1886年(明治19年)海軍に入り、呉鎮守府の建築委員になる
  • 1890年(明治23年)恩師コンドルの紹介で三菱社に入社
  • 1892年(明治25年)三菱一・二号館の建設が始まる(1894年・1895年に竣工)、以後丸の内に煉瓦造のオフィス街が生まれてゆく
  • 1906年(明治39年)三菱を定年退社、建築事務所を開設
  • 1908年(明治41年)中條精一郎とともに曽禰中條建築事務所開設
  • 1936年(昭和11年)共同経営者の中條が逝去
  • 1937年(昭和12年)逝去

主な作品[編集]

以下、曽禰中條建築事務所作品

系譜[編集]

その他[編集]

  • 唐津藩主小笠原家の嗣子・長行小姓を勤めており、戊辰戦争の際は共に会津に向かうが、長行の命で唐津へ帰っている(設計作品の小笠原伯爵邸の当主は小倉藩主の方)。
  • 海軍から三菱に移ったのは海外視察をしたかったためだという。三菱入社後、1893年にシカゴ博覧会等のため渡米、1901年には岩崎久弥に随行しロンドンへ出張した。

著作・文献[編集]

  • 石田潤一郎著、増田彰久写真『日本の建築 明治大正昭和7 ブルジョワジーの装飾』(三省堂、1980年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]