石山修武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石山 修武
生誕 (1944-04-01) 1944年4月1日(73歳)
岡山県
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 建築家
受賞 吉田五十八賞(1985年)
日本建築学会賞作品賞(1995年)
ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞(1996年)
織部賞(1999年)
芸術選奨文部科学大臣賞(2002年)
所属 スタジオGAYA
建築物 幻庵
伊豆の長八美術館
世田谷村

石山 修武(いしやま おさむ、1944年4月1日 - )は日本の建築家早稲田大学理工学部名誉教授。元東北大学非常勤講師日本建築学会賞ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞吉田五十八賞など多数受賞。岡山県出身。

概要[編集]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

作品[編集]

星の子愛児園
  • 1975年 幻庵(31歳)
  • 1984年 伊豆の長八美術館 [1] 40歳)
  • 1986年 開拓者の家(42歳)
  • 1991年 ネクサスワールド(47歳)
  • 1994年 リアスアーク美術館 [2](50歳)
  • 1996年 観音寺(52歳)
  • 1997年 松島さかな市場 [3](宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂)(53歳)
  • 1998年 鳴子早稲田桟敷湯 [4](54歳)
  • 1998年 東京都北区清掃工場 [5]
  • 2001年 世田谷村(57歳)
  • 2002年 星の子愛児園 [6](58歳)
  • 2006年 ひろしまハウス [7](62歳)
  • 2006年 ひろしまハウス [8](62歳)
  • 2015年 星の子愛児園 増築[9](71歳)

著書[編集]

  • 『バラック浄土』(相模書房、1982年)
  • 『「秋葉原」感覚で住宅を考える』(晶文社、1984年)
  • 『職人共和国だより 伊豆松崎町の冒険』(晶文社、1986年)
  • 『笑う住宅』(筑摩書房、1986年)[1]
  • 『現代建築 空間と方法4』(同朋舎、1986年)
  • 『現代の職人』(晶文社、1991年)
  • 『住宅病はなおらない』(晶文社、1993年)
  • 『世界一のまちづくりだ』(晶文社、1994年)
  • 『住宅道楽―自分の家は自分で建てる』(講談社、1997年)
  • 『夢のまたゆめハウス』(筑摩書房、1998年)
  • 『建築はおもしろい―モノづくりの現場から』(王国社、1998年)
  • 『建築家、突如雑貨商となり至極満足に生きる』(デジタルハリウッド出版局、1999年)
  • 『石山修武 考える、動く、建築が変わる』(TOTO出版、1999年)
  • 『石山修武の設計ノート―現場の声を訊け』(王国社、2003年)
  • 『生きのびるための建築』(NTT出版、2010年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 住宅メーカーによる商品住宅を「ショートケーキ住宅」と名づけた。間取りには大差がないのに、アメリカコロニアル風、スパニッシュ風など外観に差がつけられ、違う家に住んでいるような錯覚を与える。小窓の除くレースのカーテンなど女性的な装飾がショートケーキを想起させることからである。弟子の坂口恭平は「モバイルハウス」を提唱した(五十嵐太郎『おかしな建築の歴史』エクスナレッジ 2013年p.104)。

関連項目[編集]

石山修武研究室出身の建築家・評論家[編集]

外部リンク[編集]