鹿島昭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島 昭一(かじま しょういち、1930年昭和5年)8月12日 - )は日本の実業家、鹿島建設取締役相談役。工学博士(東京大学)。東京都出身。

略歴[編集]

  • 1953年(昭和28年) - 東京大学工学部建築学科卒業後、鹿島建設に入社。同年、同社代表取締役に就任する。
  • 1957年(昭和32年) - ハーバード大学大学院建築科を卒業。
  • 1959年(昭和34年) - 同社代表取締役副社長に就任。
  • 1978年(昭和53年) - 同社代表取締役副会長に就任。
  • 1984年(昭和59年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1990年(平成2年) - 同社代表取締役副会長に再任。
  • 1994年(平成6年) - 同社代表取締役相談役に就任。
  • その他、鹿島出版会会長、国立西洋美術館評議員、東亜不動産・かたばみ興業・カジマインターナショナル各社長、鹿島映画取締役などを歴任した。

受章・受賞[編集]

  • 1963年(昭和38年) - 日本建築学会賞作品賞受賞。
  • 1990年(平成2年) - 日本建築学会文化賞受賞。

家族・親族[編集]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
00中曽根康弘00
 
 
 
000美智子000
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林儀一郎
 
蔦子
 
 
 
美恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渥美健夫
 
 
 
渥美直紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永富敏夫
 
(永富)鹿島守之助
 
 
伊都子
 
 
 
渥美雅也
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石川六郎
 
 
 
 
 
 
 
 
(葛西)鹿島精一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
卯女
 
 
ヨシ子
 
 
 
 
 
 
鹿島岩蔵
 
糸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平泉渉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鹿島昭一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梁瀬次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲山嘉寛
 
稲山孝英
 
 

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年
先代:
石川六郎
鹿島建設社長
第8代:1984年 - 1990年
次代:
宮崎明