内藤多仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ないとう たちゅう
内藤 多仲
生誕 1886年(明治19年)6月12日
山梨県中巨摩郡榊村(現南アルプス市曲輪田)
死没 (1970-08-25) 1970年8月25日(84歳没)
東京都新宿区第一国立病院
国籍 日本の旗 日本
出身校 旧制甲府中学第一高等学校東京帝国大学
職業 建築構造技術者・建築構造学者・建築家
受賞 紺綬褒章(1958年)
紫綬褒章(1959年)
文化功労者(1962年)
勲二等旭日重光章(1964年)
従三位(1970年)
所属 早稲田大学
建築物 日本興業銀行本店(構造設計)
札幌テレビ塔
名古屋テレビ塔
通天閣
東京タワー
著作 『架構建築耐震構造論』

内藤多仲(ないとう たちゅう、1886年6月12日 - 1970年8月25日)は日本構造家建築構造技術者建築構造学者一級建築士(登録番号第17200号)。「耐震構造の父」と評される。「塔博士」とも呼ばれている。日本建築学会長、日本地震工学振興会会長などを歴任。

経歴[編集]

東京タワー

山梨県中巨摩郡榊村(現・南アルプス市曲輪田)出身。旧制甲府中学(現・山梨県立甲府第一高等学校)、第一高等学校を経て東京帝国大学(現・東京大学)入学。最初は造船学を専攻していたが、日露戦争後の造船不況を考慮して建築学に転向。佐野利器に師事した。

1910年に東京帝国大学卒業(同期に高松政雄安井武雄ら)、1913年早稲田大学教授

1917-1918年アメリカへ1年間留学。旅行用トランクの仕切板を外して積んだためトランクを壊してしまった体験や船の構造から着想を得て、帰国後に耐震壁による耐震構造理論を考案した。1924年、「架構建築耐震構造論」で工学博士号を取得。

この耐震構造理論を用いて耐震壁付き鉄骨鉄筋コンクリート構造日本興業銀行本店(渡辺節設計、1923年竣工)や歌舞伎座、実業之日本社ビル等の構造設計を実施。興銀の竣工3か月後に関東大震災が起こるが、丸の内にあったアメリカ流の鉄骨造ビルが大きな被害を受けたのと対照的に、興銀が無事だったことで内藤の理論が実証された(歌舞伎座は建設工事中で、内部を焼失したが、躯体は無事だった)。

また内匠寮工務課の嘱託として、昭和12年竣工の楽部庁舎の設計に関わった。

戦後は東京タワー、二代目通天閣など多数(70基[1])の鉄骨構造の電波塔・観光塔の設計を手がけ、「塔博士」とも呼ばれた。4000メートル塔の構想もあり図面を残している[1]

次男・内藤多四郎[2] も構造設計の道に進み[1]、日本建築積算協会顧問[3]

1970年8月25日9時5分、第一国立病院(現・国立国際医療センター)で死去。84歳。遺骨は多磨霊園内にある内藤家の墓地に埋葬された。墓地の右側には墓誌が、左側に銅像と顕彰記がある。

人物[編集]

唯一の趣味がであり、自ら演じた。「能を演じるのと構造設計とは同じくやり直しがきかぬ所に無限の味わいがある」とは多仲本人の言葉である[1]

内藤が作成する構造計算書は、かなり省略や飛躍が多いため、専門家の間でもわからないという評がある。計算のすすめ方は1枚の写真の全紙大のカレンダーの裏に縦断面をかき、左手に計算尺、右手に万年筆で、上の階から柱·梁·床版·壁などリスト風に個所個所に断面のスケッチをかいていき、音譜のようにスケッチをしあげ、図表も公式も神わざのような速さで済ませていたという。

色々と注文をつけられる場合は、たいていいわれる通りにデザインを変える。機能上、どうしても設けられない時は残酷だねとのべて、計算のやり直しをする。耐震構造は平面と断面の全体をのみこまれてから方針を決めらることが多く、施工がはじまると現場をしばしば訪れた。このとき各所を丹念に調べ、補助筋の要か不要を確かめ、補助筋はたいてい10パーセントを越えない。

鉄骨の材を被覆なく水平に大きく使用する方法を採用する例も多く配慮は架構に限らず、基礎はことのほか厳重であり、これは基礎下の土質の状態やシートパイルの緊結など耐震考慮のため何回となく考え直すことがあり、杭打の日などは1日中現場から離れず見ることもあったという。

構造設計[編集]

以下の年には竣工年でないものと竣工年のものが混在する。

名称 所在地 意匠設計 状態 備考
/芝浦製作所鋳物 1914年(大正3年) 斎藤久孝 現存せず
/大阪高島屋百貨店(長堀店) 1921年(大正10年) 27大阪市中央区 岡田信一郎 現存せず
/大阪商船神戸支店 1921年(大正10年) 28兵庫県神戸市 渡辺節
/日本興業銀行本店 1923年(大正12年) 13東京都千代田区 渡辺節 現存せず
/歌舞伎座 1923年(大正12年) 13東京都中央区 岡田信一郎
/実業之日本社ビル 1924年(大正13年) 13東京都中央区 佐藤功一 現存せず
/NHK愛宕山放送局鉄塔 1925年(大正14年) 13東京都港区 木子七郎 現存せず
/東京電灯千住火力発電所 1925年(大正14年) 13東京都足立区 現存せず おばけ煙突で知られる
/自邸
(早稲田大学内藤多仲博士記念館)
1926年(大正15年) 13東京都新宿区 木子七郎今井兼次 DOCOMOMO
JAPAN 176[4]
/早稲田大学大隈記念講堂 1927年(昭和2年) 13東京都新宿区 佐藤功一佐藤武夫 重要文化財
/NHK新郷放送所鉄塔 1927年(昭和2年) 11埼玉県川口市 今井兼次 現存せず
/東京地下鉄道上野駅 1927年(昭和2年) 13東京都台東区 東京地下鉄道建築課
/明治生命館 1930年(昭和5年) 13東京都千代田区 岡田信一郎 重要文化財
/日本銀行本店増築 1930年(昭和5年) 13東京都中央区 長野宇平治
/大丸百貨店心斎橋店 1933年(昭和8年) 27大阪市中央区 W・M・ヴォーリズ
/大阪放送会館本館 1936年(昭和11年) 27大阪市中央区 渡辺仁 現存せず 2002年取り壊し
/日本製鉄輪西製鉄所第四火力発電所 1938年(昭和13年) 01北海道室蘭市 現存せず
/日本航空格納庫 1938年(昭和13年) 現存せず
/長者原発電所 1939年(昭和14年) 06山形県小国町
/旧東京厚生年金病院 1953年(昭和28年) 13東京都新宿区 山田守 現存せず
/世界平和記念聖堂 1954年(昭和29年) 34広島市中区 村野藤吾 重要文化財
/根津美術館 1954年(昭和29年) 13東京都港区 今井兼次 現存せず
/神戸新聞会館 1954年(昭和29年) 28兵庫県神戸市 村野藤吾 現存せず
/名古屋テレビ塔 1954年(昭和29年) 23愛知県名古屋市 内藤 登録有形文化財
/二代目通天閣 1956年(昭和31年) 27大阪市浪速区 内藤 登録有形文化財
/別府タワー 1956年(昭和31年) 44大分県別府市 内藤 登録有形文化財
/さっぽろテレビ塔 1957年(昭和32年) 01北海道札幌市 内藤
/山梨県民会館 1957年(昭和32年) 19山梨県甲府市 内藤・明石信道 現存せず
/早稲田大学内藤博士記念耐震構造研究館 1957年(昭和32年) 13東京都新宿区 内藤・明石信道
/東京タワー 1958年(昭和33年) 13東京都港区 内藤・日建設計 登録有形文化財
/遠光寺本堂 1958年(昭和33年) 19山梨県甲府市 内藤
/甲府市役所1号館 1961年(昭和36年) 19山梨県甲府市 内藤・日建設計 設計指導
/總持寺大祖堂 1962年(昭和37年) 14神奈川県横浜市 田辺泰
/早稲田大学文学部旧校舎 1962年(昭和37年) 13東京都新宿区 村野藤吾
/山梨県庁舎 1963年(昭和38年) 19山梨県甲府市 内藤・明石信道
/博多ポートタワー 1963年(昭和38年) 40福岡市博多区 内藤
/日生劇場 1963年(昭和38年) 13東京都千代田区 村野藤吾
/東海大学校舎 1964年(昭和39年) 14神奈川県平塚市 山田守
/新宿区役所 1965年(昭和40年) 13東京都新宿区 内藤・明石信道
/八重洲ダイビル 1965年(昭和40年) 13東京都千代田区 村野藤吾

書籍[編集]

  • 『建築構造学』、1918年
  • 『架構建築耐震構造論』、早稲田大学出版会 1924年
  • 『日本の耐震建築とともに』、雪華社、1965年
  • 『建築と人生』、鹿島出版会、1966年
  • 『内藤多仲博士の業績』、鹿島出版会、1967年
  • 『タワー 内藤多仲と三塔物語』、INAX出版、2006年

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

テレビ番組[編集]

  • 日本の風景を変えた男たち 塔博士・内藤多仲 鉄塔三都物語 NHK BShi(2008年2月19日、再放送2016年4月21日、1時間50分)出演:ダンカン
  • 近代建築誕生秘話 塔博士の愛した数式~東京タワーを作った男・内藤多仲~(BS朝日2014年8月17日、再放送2014年10月19日、放送時間1時間54分)出演:菊川怜

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 近代建築誕生秘話 塔博士の愛した数式~東京タワーを作った男・内藤多仲~(BS朝日、2014年8月17日放送)
  2. ^ 『日新鐘』甲府中学・甲府一高第52回東京同窓会記念誌 p.12
  3. ^ 第13回稲門建築界特別功労賞
  4. ^ 2014年度DOCOMOMO JAPANに選定

外部リンク[編集]