梅若六郎 (56世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五十六世梅若六郎(ごじゅうろくせ うめわか ろくろう、1948年(昭和23年)2月16日 - )は観世流シテ方能楽師。梅若六郎家当代、日本芸術院会員。2009年(平成21年)二世梅若玄祥を襲名。演出などは従来通り六郎を名乗る。

現代を代表するシテ方の一人として知られ、数多くの賞を受賞している。また新作能に意欲的に取り組んでいることでも知られ、これまでに瀬戸内寂聴原作『夢浮橋』、美内すずえ原作『紅天女』(くれないてんにょ)、堂本正樹作『空海』、山本東次郎作『伽羅沙』(がらしゃ)・『大坂城』、馬場あき子作『額田王』などを初演している。

三世藤間勘祖との間の子に八世藤間勘十郎がいる。妻の梅若和子は、マドラス (企業)創業者一族の娘で[1]慶応大学法学部卒業後、英国ケシブリッジ大学に留学[2]、梅若インターナショナル代表兼日本伝統文化交流協会会長を務める。

略歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サントリー鳥井・佐治家系図近現代・系図ワールド
  2. ^ 『観世』38号、檜書店, 1971