那珂太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

那珂 太郎(なか たろう、1922年1月23日 - 2014年6月1日[1])は、詩人。日本芸術院会員。「歴程」同人。

経歴[編集]

福岡市生まれ。本名・福田正次郎。福岡中学(後の福岡県立福岡高等学校)、東京帝国大学国文科卒。海軍予備学生として土浦海軍航空隊に入隊、海軍兵学校国語科教官を務める。戦後、東京都立新宿高等学校玉川大学等で教える。1950年、最初の詩集「Etude」を刊行、『歴程』同人となる。1965年、詩集『音楽』で室生犀星詩人賞、翌年読売文学賞を受賞、注目される。1985年、『空我山房日乗 其他』で芸術選奨文部大臣賞、1991年、『幽明過客抄』で現代詩人賞、1995年、『鎮魂歌』で藤村記念歴程賞受賞、1994年、日本芸術院賞恩賜賞受賞、同年、芸術院会員。95年秋、勲三等瑞宝章受勲。

2014年6月1日午前1時7分、肺炎のため東京都内の病院で死去。92歳没。9月16日で如水会館高橋順子司会の偲ぶ会が開かれた。

著作[編集]

  • 『音楽』思潮社, 1966
  • 『那珂太郎詩集』思潮社(現代詩文庫) 1968
  • 『はかた』青土社, 1975
  • 萩原朔太郎その他』小沢書店, 1975
  • 『鬱の音楽 随筆集』小沢書店, 1977
  • 『名詩鑑賞萩原朔太郎』講談社学術文庫, 1979
  • 『詩のことば』小沢書店, 1983
  • 『萩原朔太郎詩私解』小沢書店, 1985
  • 『空我山房日乗 其他 那珂太郎詩集』青土社, 1985
  • 『はかた幻像 随筆集』小沢書店, 1986
  • 『幽明過客抄』思潮社, 1990
  • 『時の庭』小沢書店, 1992
  • 『鎮魂歌』思潮社, 1995
  • 『続・那珂太郎詩集』思潮社 (現代詩文庫) 1996
  • 『木洩れ日抄 隨想集』小澤書店 1998
  • 『那珂太郎詩集』芸林書房, 2002
  • 『始皇帝 現代能』思潮社, 2003
  • 『俳句と人生 那珂太郎対談集』東京四季出版, 2005

作詞[編集]

  • 放送大学学歌(作曲:柴田南雄)

編著[編集]

  • 『萩原朔太郎研究』青土社, 1974

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 詩人の那珂太郎さん死去 朝日新聞 2014年6月1日