高宮眞介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高宮 眞介(たかみや しんすけ、1939年1月7日 - )は、日本の建築家山形県村山市出身。

1962年、日本大学理工学部建築学科卒業後、大林組に勤務。

1966年から1968年まで、デンマークのクローン・ラスムッセン設計事務所に勤務する。その後丹下健三都市建築設計研究所を経て、計画・設計工房を創設。1980年には谷口建築設計研究所取締役に就任し、1985年に谷口建築設計研究所の代表となり、谷口吉生とともに、資生堂アートハウス、土門拳記念館、東京都葛西臨海水族園豊田市美術館などを手がけていく。

1996年から2007年まで母校日本大学理工学部建築学科の教授を務める。2004年、日本大学理工学部駿河台校舎新1号館で建築業協会賞、環境建築デザイン賞、2005年東京建築賞を受賞する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]