伊藤喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう きさぶろう
伊藤 喜三郎
死因 心不全
住居 東京都品川区東五反田3-16-55
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学理工学部建築学科
職業 建築家
子供 伊藤一章(長男)

伊藤 喜三郎(いとう きさぶろう、1914年 - 1996年3月3日)は、日本の建築家伊藤喜三郎建築研究所会長。病院建築の分野で著名であった。また、日本自由画壇理事長も歴任し、「伊藤三喜庵」の名で絵本(『絵本 ジョン万次郎の生涯』)や画集(『三喜庵墨絵』)などを刊行している。

経歴[編集]

1938年日本大学旧工学部建築学科卒業。東京大学営繕課研究室嘱託日立研究所大成建設厚生省嘱託などを経て1952年に建築設計事務所伊藤喜三郎建築研究所設立。建築業協会BCS賞、文部大臣賞、京都府知事賞などを受賞。主な作品に、産業医科大学慶應義塾大学病院三楽病院国立身体障害者リハビリテーションセンターなどがある。

1996年3月3日午後5時45分に 心不全のため死亡(享年81歳)[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞1996年3月4日夕刊19面

外部リンク[編集]