鬼頭梓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
きとう あずさ
鬼頭 梓
生誕 1926年(大正15年)1月15日
日本の旗 日本 東京府北多摩郡武蔵野村
死没 (2008-08-20) 2008年8月20日(82歳没)
日本の旗 日本 東京都武蔵野市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1968年)
所属 鬼頭梓建築設計事務所
建築物 東京経済大学図書館
日野市立中央図書館

鬼頭 梓(きとう あずさ、1926年1月15日 - 2008年8月20日)は日本建築家。男性。

経歴[編集]

1926年、東京府北多摩郡武蔵野村吉祥寺に生まれる。旧制高校(東京府立一中を経て一高)在学中に戦争による生活の全面的な破壊を目の当たりにし、「ごく当たり前の生活の根拠地を作る」ことへの関心から建築を志す。1950年東京大学第一工学部建築学科卒業後、前川國男建築設計事務所に入所。同事務所では神奈川県立図書館音楽堂国立国会図書館世田谷区民会館区役所等を担当。「人間の生活の展開」としてのプラン=平面計画を非常に重要視する前川の姿勢から多くを学ぶ。

1964年に退所し、鬼頭梓建築設計事務所を設立。独立後最初の本格的な仕事となる東京経済大学図書館1968年構造家木村俊彦との協働)は建築界からだけでなく図書館界からも高く評価される。これを契機に公共図書館および大学図書館の設計の特命依頼が相次ぐことになり、特に本格的な施設の建設よりも移動図書館や分館による地道な活動を先行させ注目を集めていた日野市立図書館の館長・前川恒雄との出会いから生まれた日野市立中央図書館1973年)は、日本の公共図書館の歴史を決定的に方向付けるほどの影響を多方面に及ぼす。この重要作以降も梓は図書館を民主主義に不可欠な知識・情報へのアクセスを具体的に保障するために構築されるべき「すべての人々へのサーヴィスのシステム、変化への期待にみちた活動的な場」と考える立場から、「身近で平明で開放的な空間」の実現を一貫して追求する。「図書館建築のパイオニア」とも呼ばれるようになり、函館市中央図書館(2005年)まで、30を超える図書館の設計を手がける。

他方で、前川を引き継ぐ形で建築家の職業倫理について機会あるごとに発言。設計とは建築独自の秩序とそれとは本来無関係な生活の間に有機的な関係を作り出す過程であると説くとともに「デザインの自由は、常にクライアントと社会のために行使されるという限界を超えることは許されない」と強調し、現代建築における(技術的可能性の拡大によって助長されている)造形的関心を優先させる傾向や人間性の後退に繰り返し強い懸念を表明する。建築家職能運動においてつねに指導的な役割を担い、JAA(旧・家協会)時代より日本建築家協会の要職を歴任。1992年から1996年までは同協会会長。

2008年、東京都武蔵野市にて死去。82歳没。葬儀は自ら設計したキリスト品川教会で行なわれた。

主要作品[編集]

山梨県立図書館(現存せず)
  • 1968年:東京経済大学図書館(構造設計:木村俊彦、第20回日本建築学会賞作品賞、国分寺市) - DOCOMOMO指定。新図書館建設にともない他目的施設として保存の予定。
  • 1970年山梨県立図書館(甲府市) - 新図書館建設にともない解体
  • 1972年:東北大学附属図書館(宮城県仙台市) - 国立大学における初の民間設計委託。日本建築家協会25年賞(2002年度)受賞。
  • 1973年:日野市立中央図書館(構造設計:木村俊彦、東京都)
  • 1973年:山口県立山口図書館(構造設計:木村俊彦)
  • 1974年:横浜国立大学図書館(神奈川県)
  • 1977年:同志社女子大学図書館(京都府京都市)
  • 1978年:甲南大学図書館(構造設計:木村俊彦、兵庫県神戸市東灘区)
  • 1979年山口県立美術館(山口市) - 第7回日本建築家協会25年賞(2007年度)受賞
  • 1980年:法政大学80年館(東京都千代田区)
  • 1981年神戸市立中央図書館(構造設計:木村俊彦、兵庫県)
  • 1981年:徳山市立中央図書館(構造設計:木村俊彦、現・周南市立中央図書館、山口県)
  • 1981年立教高等学校(現 立教新座中学校・高等学校)図書館棟(構造設計:木村俊彦、埼玉県新座市)
  • 1984年関西大学総合図書館(構造設計:木村俊彦、大阪府吹田市)
  • 1987年:長岡市立中央図書館(構造設計:木村俊彦、新潟県)
  • 1987年:武蔵野市立吉祥寺図書館(東京都) 
  • 1988年:袋井市立袋井図書館(静岡県)
  • 1989年:キリスト品川教会グローリアチャペル(構造設計:木村俊彦、東京都品川区)
  • 1991年:具志川市立図書館(現・うるま市立中央図書館、沖縄県)
  • 1991年:茨木市立中央図書館(大阪府)
  • 1992年:大阪教育大学附属図書館(大阪府柏原市)
  • 1994年:熊取町立熊取図書館(大阪府)
  • 1995年:東京都吉祥寺老人ホーム  
  • 1995年:武蔵野市立中央図書館
  • 1997年:デイスター大学アガペー図書館(ナイロビ郊外、ケニア)- 同校は宣教師育成のために創立されたキリスト教系私立大学[1]。寄付を募った妻の鬼頭當子に対し図書館サポートフォーラム賞が贈られた[2]
  • 1998年:洲本市立洲本図書館(兵庫県) - 日本建築家協会2007年度建築環境賞受賞
  • 1998年:聖学院大学8号館
  • 1999年:東洋英和女学院大学図書館
  • 2000年:聖学院大学本館増築
  • 2001年:武蔵野市立吉祥寺美術館
  • 2002年:関東学院大学図書館文学部分館
  • 2003年:日野町立図書館二期工事
  • 2005年:函館市中央図書館(北海道)

家族[編集]

国際基督教大学図書館の元館長・鬼頭當子は妻。

参考文献[編集]

  • 鬼頭梓+鬼頭梓の本を作る会編著『建築家の自由 - 鬼頭梓と図書館建築』、建築ジャーナル、2008年

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]