神奈川県立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Library) w.svg 神奈川県立図書館
施設情報
専門分野 総合
事業主体 神奈川県
所在地 2館
ISIL 本館:JP-1001294、川崎:JP-1001295
統計情報
蔵書数 1,042,869冊[1](2011年時点)
貸出数 125,394冊[2](2011年)
来館者数 435,791人[2](2011年)
条例 神奈川県立図書館条例
公式サイト http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

神奈川県立図書館(かながわけんりつとしょかん)は、神奈川県図書館法に基づき設置する公共図書館である。1954年横浜市に開館し、1958年には川崎市神奈川県立川崎図書館が設置された。

開館前史[編集]

第二次世界大戦前には、図書館博物館の機能を兼ねた神奈川県立金沢文庫1930年に設立され、県内の図書館の中枢機能を担った。1934年には神奈川県図書館協会が建議書を知事に提出したことによって、県立図書館設立に向けた動きが始まるが、戦争により立ち消えになる。戦後の1949年、神奈川県は横浜市図書館(横浜市中央図書館の前身)を県の中央図書館として指定、同館が県立図書館としての機能・事業を代行することになった。

図書館法公布(1950年)を受け図書館設置の要望が高まると、県は講和記念事業として音楽堂とともに県立図書館を設置することを決め、1954年11月に開館した。[3]これは日本の全都道府県立図書館の中で最後から2番目で、これにより未設置県は兵庫県兵庫県立図書館1974年開館)を残すのみとなった。

神奈川県立図書館[編集]

Japanese Map symbol (Library) w.svg 神奈川県立図書館
Kanagawa Pref Liblary (Yokohama).JPG
神奈川県立図書館 外観
施設情報
愛称 紅葉ケ丘
専門分野 総合(人文・社会科学に重点)
開館 1954年昭和29年)11月
所在地 220-8585
神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-2
位置 北緯35度27分8秒 東経139度37分33秒 / 北緯35.45222度 東経139.62583度 / 35.45222; 139.62583 (神奈川県立図書館(紅葉ケ丘))
ISIL JP-1001294
統計情報
蔵書数 719,764冊(????年 時点)
公式サイト http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

神奈川県立図書館は、横浜市西区紅葉ケ丘9-2に位置する。隣接する神奈川県立音楽堂とともに前川國男の設計によるもので、前川そして戦後日本建築の代表作と評価されている(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築)。地上2階建て地下1階で建物面積2988m2の本館と、隣接する地上4階建て地下3階建物面積8380m2の新館からなる。主に社会・人文系や神奈川に関する資料を集積する。

2012年11月、神奈川県教育委員会が策定した「神奈川県緊急財政対策」では、貸出、閲覧サービスの廃止が検討されたが[4]、2013年2月、県民からの意見により、閲覧のサービスを存続させる方針転換が示され[5]、2013年12月には黒岩知事により、建替えおよび改修、貸出についても維持する方向が表明された[6]

神奈川県立川崎図書館[編集]

Japanese Map symbol (Library) w.svg 神奈川県立川崎図書館
2017年に閉館となった旧・県立川崎図書館の外観
2017年に閉館となった旧・県立川崎図書館の外観
施設情報
専門分野 総合(工学・産業に重点)
開館 1958年(昭和33年)
所在地 213-0012
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1[7]
ISIL JP-1001295
統計情報
蔵書数 224,615冊(????年 時点)
公式サイト http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

神奈川県立川崎図書館は、1959年1月12日、神奈川県第2の県立図書館として、川崎市川崎区富士見2-1-4に開館した[8][9]。横浜に県立図書館がすでに開館していることと、工業都市・川崎にあることから、開館当初から自然科学・工業・産業分野を重点とした資料収集・サービス方針を掲げている。1995年の川崎市立川崎図書館開館まで川崎区に市立図書館がなかったことから、1998年にリニューアルするまで地域の公共図書館としての役割も担った。

リニューアル後は、「科学と産業の情報ライブラリー」と銘打ち、科学技術・工学・産業分野を前面に出すことになった。日本十進分類法の4・5・6類の資料が全蔵書の大部分を占める。開館直後から収集されている会社史コレクションは、社史閲覧室に排架され、産業史・技術史の貴重な資料として知られる。「県知的所有権センター県立川崎図書館支部」として特許情報の提供も行う。

2017年に建物の賃貸契約(貸主は川崎市、借主は神奈川県)が終了することに伴い、神奈川県教育委員会は同館の廃止を検討していることを2012年11月に明らかにした[10]。しかし反対の声が多かったために、2013年2月に廃止の撤回が表明され、企業支援分野に特化させて川崎市内に存続することとなった[11]。ただし、川崎市が同地区の再編整備計画を掲げているため同館を借り続けることはできず、かながわサイエンスパーク(川崎市高津区)に移転する予定である。

移転のため、2017年10月から11月まで一部フロアのみ開館(貸出・予約などのサービスは休止)となり、2017年12月から2018年5月15日までは休館となっている[7]

その他の活動[編集]

NPO法人紙芝居文化推進協議会と共に「神奈川県手づくり紙芝居コンクール」を毎年、開催している。

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年度所蔵統計”. 神奈川県図書館. 2013年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 平成23年度利用統計”. 神奈川県図書館. 2013年8月11日閲覧。
  3. ^ 石井敬士、大内順、大塚敏高『神奈川県の図書館』東京堂出版、2000年、61頁。ISBN 4490204175
  4. ^ “「県立図書館の閲覧・貸し出し廃止、川崎は廃館」と県教委方針”. 神奈川新聞. (2012年11月8日) 
  5. ^ “閲覧機能を継続 反対多く 県教委転換”. 神奈川新聞. (2013年2月22日) 
  6. ^ “建て替え視野に再整備 知事表明 貸出機能維持”. 神奈川新聞. (2013年12月3日) 
  7. ^ a b 県立川崎図書館 移転開館のお知らせ”. 神奈川県立図書館 (2018年4月26日). 2018年5月4日閲覧。
  8. ^ 川崎市『川崎市史 通史編 4 上 現代 行政・社会』川崎市、1997年3月、420頁。
  9. ^ “初日から超満員 県立川崎図書館きのう店開き”. 神奈川新聞社: p. 6. (1959年1月13日) 
  10. ^ 「県立図書館の閲覧・貸し出し廃止、川崎は廃館」と県教委方針/神奈川(カナロコ=神奈川新聞 2012年11月8日配信記事(配信日に閲覧))
  11. ^ “神奈川県立図書館 閲覧機能を存続へ”. MSN産経ニュース. (2013年2月21日). オリジナルの2013年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130225070021/http://sankei.jp.msn.com/region/news/130221/kng13022119450004-n1.htm 2013年3月3日閲覧。 

参考資料[編集]

  • 石井敬士・大内順・大塚敏高『神奈川県の図書館』東京堂出版、2000年。ISBN 4490204175

関連項目[編集]

外部リンク[編集]