佐賀県立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Library) w.svg 佐賀県立図書館
佐賀県立図書館を開館前に撮影。
佐賀県立図書館
施設情報
前身 佐賀図書館
事業主体 佐賀県
管理運営 佐賀県
建物設計 株式会社 第一工房内田祥哉
延床面積 4,277.00 m2
開館 1963年(昭和38年)2月1日
所在地 840-0041
佐賀県佐賀市城内二丁目1-41
位置 北緯33度15分00秒 東経130度18分04秒 / 北緯33.25000度 東経130.30111度 / 33.25000; 130.30111
ISIL JP-1002958
統計・組織情報
蔵書数 876,368点[1] (2014年度末時点)
貸出数 171,061点[1] (2014年度)
来館者数 330,635人[1] (2014年度)
条例 佐賀県立図書館設置条例
館長 河原 祐一郎
職員数 50[1]
公式サイト http://www.tosyo-saga.jp/kentosyo/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

佐賀県立図書館(さがけんりつとしょかん)は佐賀県佐賀市にある県立図書館である。
1913年鍋島家により建設された佐賀図書館を前身とし、1929年に佐賀県に移管し、県立図書館となる。1962年に改築、1963年に新館として開館した。2013年佐賀県医療センター好生館内に好生館分室を設置。

2015年度から、児童図書の全点購入を実施している。

建物[編集]

  • 建築面積 1,697.68m²、延床面積 4,277.00m²
  • 1階には、展示ホール・会議室・食堂・児童図書閲覧室・本館第2書庫・事務室がある。
  • 2階には、公開図書閲覧室(内には光庭)・郷土資料室・本館第1書庫・事務室がある。
  • 中3階には、第2公開図書閲覧室がある。
  • 1階から中2階までスロープがある。
  • オストメイトなどの設備を整えた多目的トイレを1階の児童図書閲覧室内に設置している。
  • 佐賀市大和町に大和書庫がある。(平成26年11月に設置)

アクセス[編集]

  • 電車の場合 

 JR佐賀駅から、1.6㎞(徒歩20分)  タクシーで約7分  バスで約10分(佐賀駅バスセンターで県庁前経由のバスに乗車、県庁前で下車)

  • 自動車の場合

 高速道路(長崎自動車道)佐賀大和インターチェンジから、8.6km(約25分)

  • 飛行機の場合

 九州佐賀国際空港から、10km  空港発のアクセスバスに乗車し、「県庁舎」バス停で下車(約20分)

建物の利用[編集]

休館日[編集]

本館[編集]

  • 月例休館日:毎月最後の水曜日
  • 特別整理期間:毎年秋に1週間程度
  • 年末年始:(12月30日~1月3日))

好生館分室[編集]

  • 日曜日、毎月最終水曜日
  • 年末年始(12月30日~1月3日)
  • そのほか、1年に1回(1日)特別整理期間として休館

開館時間[編集]

本館[編集]

  • 閲覧室 午前9時~午後8時
  • 郷土資料閲覧室 午前9時~午後5時 利用(受付は午後4時30分まで)
  • 児童図書閲覧室 午前10時~午後5時

好生館分室[編集]

  • 午前8時30分~午後5時30分

駐車場[編集]

 建物の周りに49台(身体障害者専用2台、軽自動車専用13台、一般用34台)分の駐車スペースがある。また、隣接する佐賀城公園駐車場(18台)も利用できるほか、土・日・祝日は、隣接する県庁駐車場も利用できる。

Wi-Fi環境[編集]

 館内全域でWi-Fiを利用することができる、利用者用コンセントは13か所用意してあり、パソコンだけでなく、タブレット、スマホもコンセントを使用することができる。

バッグの持ち込み[編集]

 荷物は各閲覧室に持ち込むことができる。ただし、郷土資料閲覧室にバッグを持ち込むことは認められていないため、大きな荷物は総合カウンターに預ける。

飲食[編集]

 1階ホールでは、飲み物だけでなく、食事をとることも認めている。2階閲覧室では、蓋付きの飲み物を持ち込んで飲むことができる。(郷土資料閲覧室を除く。)  また、1階には、デイズキッチンという飲食店が営業しており、近隣で働く女性の利用が多い。  デイズキッチンの営業は、月曜日から土曜日までの午前11時半から午後6時までで、ラストオーダーは食事は午後4時、カフェは午後5時となっている。

個人向けのサービス[編集]

本の貸出[編集]

  • 利用者カードを作れる方:居住地による制限なし
  • 本の貸出冊数:15冊まで(CD、ビデオテープはそれぞれ2点以内)
  • 本の貸出期間:2週間以内(予約が入っていなければ1回だけ延長可)
  • Webから本を予約し、佐賀県立図書館や特定の市町の図書館、公民館で受取ることができる。(インターネット予約)
  • 身体障害者の方向けに、本の郵送貸出も行っている。
  • 佐賀県立図書館だけでなく、特定の市町の図書館、公民館で返却することもできる。(遠隔地図書返却)

資料の複写[編集]

  • コイン式複写機を1台設置。料金は白黒10円、カラー30円。利用するときは総合カウンターでの申し込みが必要。
  • マイクロフィルムのプリントアウトは、1枚10円。
  • 館内資料を複写する代わりに個人のデジタルカメラやスマホで撮影することは可能であるが、総合カウンターでの申し込みが必要。

団体向けのサービス[編集]

読書会用の本の貸出[編集]

 本を読むのが好きな方々のグループ(読書会)へ、同じ本を20冊または10冊のセット貸し出す。

団体への本の貸出[編集]

 県内の幼稚園・保育所、放課後児童クラブ、福祉施設などの団体に、利用される年代に応じ県立図書館でセット組みした図書セットの貸出を行っている。

電子図書館への取組[編集]

 古文書等のデータベース公開だけでなく、民話のデジタル絵本、郷土に関する本のデジタル化など佐賀に関する様々な資料の電子化に積極的に取り組んでいる。

古文書等のデータベース[編集]

  • 古文書・古記録・古典籍データベース(60,629件)
  • 古地図・絵図データベース
  • 近代地図データベース(58件)
  • 米国陸軍撮影空中写真による地形図(160件)
  • 字図データベース(約1,100件)
  • 絵画データベース
  • 絵葉書・写真データベース
  • 葉隠- HAGAKURE -データベース
  • 佐賀県文化財報告書
  • 人名データベース
  • 地名(藩政期)データベース
  • 寺院名(藩政期)データベース
  • 雑誌等目次データベース(佐賀県内で刊行された33の雑誌等の目次)
  • 県市町村史誌目次データベース
  • 佐賀の民謡データベース(音声864曲)

WEB版佐賀の昔話[編集]

 ふるさと納税された寄付金を活用して、佐賀の昔話100話を挿絵と朗読で公開予定。絵は地元の佐賀北高校美術部の生徒が毎年描いている。また、佐賀弁がわからない方のために、標準語訳の字幕も入っている。年に20話ずつ公開しており、平成29年3月末で100話が公開済み

佐賀のデジタル大百科事典[編集]

 ふるさと納税された寄付金を活用して、佐賀の自然に関する書籍を電子化して、データベース機能を持たせた電子書籍として公開している。  平成25年度「佐賀県の淡水魚」、平成26年度「佐賀の蝶」、平成28年度「佐賀の野草」を公開している。

WEB版古文書講座[編集]

 かなの始まりから古文書の解読まで、動画による古文書講座を全30回で公開している。また、授業形式の古文書講座も開設しており、初級編、中級編、応用編と2年間かけて学ぶコースを設定している。平成27年度からは、これらの講座を50単位以上受講した方を対象に実践編も開講。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平成26年度 佐賀県立図書館 年報 (PDF)”. 佐賀県立図書館 (2014年7月). 2015年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]