茨城県立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Library) w.svg 茨城県立図書館
Ibaraki Prefectural Library
Ibaraki pref. Library.jpg
茨城県立図書館 外観
施設情報
専門分野 総合
事業主体 茨城県
管理運営 茨城県
開館 1903年明治36年)
所在地 310-0011
茨城県水戸市三の丸1-5-38
位置 北緯36度22分31秒 東経140度28分31秒 / 北緯36.37528度 東経140.47528度 / 36.37528; 140.47528
ISIL JP-1000440
統計情報
蔵書数 765,000冊 (2005年時点)
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
茨城県立図書館入口

茨城県立図書館(いばらきけんりつとしょかん)は茨城県水戸市にある、茨城県立の図書館である。建物は、旧茨城県議会議事堂を改修して図書館にした。

概要[編集]

施設内概要[編集]

建物構造は鉄筋コンクリートで、敷地面積は2,646.66m2。地下1階と地上3階、それに塔屋1階である。資料の貸し出しを行う総合カウンターは、1階の出入り口付近にある。

1階は総合カウンターと雑誌、CD、ビデオ、DVD、児童書、教科書を収蔵しているコーナーと飲食が可能な休憩室、個展が開かれる部屋、児童書がある。2階は自然科学コーナーと人文科学コーナーの2つに分けられる、一般書が収蔵されている。3階は図書館職員の事務室や館長室、会議室がある。地下は地下開架書庫があり、ここの資料を貸し出しすることも可能である。

資料数[編集]

2005年(平成17年)のデータ。収蔵量は765,000冊である。

  • 館内用図書 - 489,683冊
  • 館外用図書 - 209,572冊
  • 視聴覚資料 - 33,176点

沿革[編集]

  • 1903年(明治36年)2月 - 水戸市大字上市に設立する。
  • 1904年(明治37年)11月 - 開館。茨城県では私立図書館の石岡書籍館(現在の石岡市立中央図書館)に次ぐ2番目の開館であった[1]
  • 1929年(昭和4年)4月 - 小学校への児童書の貸し出しを開始する。
  • 1945年(昭和20年)
    • 8月 - 戦火によって、建物が焼ける。
    • 12月 - 県立水戸商業学校校舎にて仮営業を開始する。
  • 1949年(昭和24年)12月 - 移動図書館を開始する。
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月 - 水戸市三の丸に新たに竣工する。
    • 2月 - 開館。
  • 1980年(昭和55年)10月 - 雑誌コーナーを開設。
  • 1989年(平成元年)4月 - CDビデオの貸し出しを開始する。
  • 2000年(平成12年)12月 - 新たな図書館を新設するため、旧図書館を閉館。
  • 2001年(平成13年)3月 - 新たな図書館が開館(1970年(昭和45年)竣工の旧県議会議事堂
  • 2003年(平成15年) - 日本図書館協会建築賞受賞。
  • 2006年(平成18年) - DVDの貸し出しを開始。

サービス[編集]

茨城県立図書館は、2階に視聴覚ホール館を設けている。ここでは、主に映画の鑑賞や講演会などが行われている。

また資料を検索するコンピューターとコピーサービス(有料で1回につき白黒10円、カラー60円)、日本と海外の新聞(新聞は貸し出し不可)、23台のインターネットCD-ROM、ビデオ、DVD、CD・レコード視聴ブースを設けている。

資料を貸し出しするには、利用者カードが必要である(発行は無料)。図書の貸し出し年齢制限はないが、視聴覚資料の貸し出しは小学生以上である。1人につき一般書(雑誌を含む)は10冊まで、児童書(紙芝居を含む)も10冊まで、CD、カセットテープ、レコード、ビデオは5点まで、DVDは1点までである。貸し出し期間は、すべて14日以内。

駐車場は、図書館の利用の場合は無料。

開館時間・休館日[編集]

利用時間は平日 AM9:00-PM8:00、休日 AM9:00-PM5:00までである。休館日は毎週月曜日である(ただし、休館日でも返却ボックスに入れて資料を返却することができる)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 図書館百周年記念実行委員会 編(1989):18ページ

参考文献[編集]

  • 図書館百周年記念実行委員会 編『図書館百年』石岡市立図書館&小林二郎、1989年11月4日、64pp.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]