島根県立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Library) w.svg 島根県立図書館
島根県立図書館
施設情報
前身 島根県立松江書籍縦覧所
島根県立松江図書館
専門分野 総合
事業主体 島根県
延床面積 3,682 m2
開館 1946年
1968年10月(現行館)
所在地 690-0873
島根県松江市内中原町52番地
ISIL JP-1002479
統計情報
蔵書数 849,675冊 (2016年度末[1]時点)
貸出数 279,989冊 (2016年度[1]
公式サイト 島根県立図書館
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

島根県立図書館(しまねけんりつとしょかん)は、島根県松江市にある島根県立の公共図書館

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年):島根県立松江書籍縦覧所が開館。
  • 1946年(昭和21年):島根県立松江図書館が開館。初代館長は山陰新聞(現・山陰中央新報)主筆の野津嘲水
  • 1950年(昭和25年):島根県立松江図書館から島根県立図書館に改称。
  • 1968年(昭和43年)10月:現行館が開館。
  • 1986年(昭和61年):浜田市に西部図書普及センターを設置。
  • 2005年(平成17年)1月:閲覧室の部分をビジネス・就業支援センターを設置。

建築[編集]

1966年(昭和41年)には松江城西側の松江藩薬草園跡地にあった松江刑務所が郊外に移転した[2]。松江刑務所跡地を島根県が取得し、菊竹清訓が設計を手掛けた島根県立図書館の新館が1968年(昭和43年)10月に竣工した[2][3]。なお、菊竹は島根県において、島根県立博物館(現・島根県庁第三分庁舎、1958年)、出雲大社庁の舎(1963年)、島根県立武道館(1970年)、島根県立美術館(1999年)などの設計も手掛けている[2]。2001年(平成13年)には大規模改修工事を行ったが、建物の老朽化、書庫の収蔵冊数、バリアフリーなどの課題がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 島根県立図書館要覧 平成29年度版 島根県立図書館、2017年
  2. ^ a b c 島根県立図書館建築ガイド 島根県立図書館
  3. ^ 島根県立図書館建物50周年記念行事 島根県立図書館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度28分23.6秒 東経133度2分56.4秒 / 北緯35.473222度 東経133.049000度 / 35.473222; 133.049000