現代詩手帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

現代詩手帖』(げんだいしてちょう)は、思潮社が発行する現代詩月刊雑誌である。

歴史[編集]

創刊号は1959年6月号。『文章倶楽部』や『世代』の編集者であった小田久郎[1][2]によって神田駿河台で創刊された[3]。目的は『結社的ないしは同人誌的な馴れあいや仲間うちの閉鎖性を廃した[注 1]詩壇ジャーナリズムの確立をめざす』ことであった[2]。創刊号の公称発行部数は、2,000部だった[3]

現代詩手帖賞[編集]

1960年創設の新人賞。毎号掲載の「新人作品」欄に採用された作品のうち、年間で最も優秀な作品を顕彰する。現代詩の新人賞としては最も歴史あるものの一つであり、清水昶金井美恵子伊藤比呂美関口涼子らを輩出した。

歴代受賞者

出典[編集]

  1. ^ 大井浩一 (2009年5月14日). “現代詩手帖:創刊50年 創刊編集長、小田久郎さんに聞く - 毎日jp”. 毎日新聞社. 2009年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 「表紙に見る「現代詩手帖」の変遷」、『現代詩手帖』第52巻第6号、思潮社、2009年5月
  3. ^ a b 平林敏彦「'60年代安保前夜の乾坤一擲」、『現代詩手帖』第52巻第6号、思潮社、2009年5月、 p.50。

脚注[編集]

  1. ^ 原文ママ

関連項目[編集]