関口涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関口 涼子(せきぐち りょうこ、1970年12月21日 - )は、日本生まれ、フランス在住の詩人美術史家、翻訳家

人物・来歴[編集]

東京都新宿区生まれ。神奈川県立鶴嶺高等学校在学中から詩人として頭角を現し、1989年に第26回現代詩手帖賞受賞。早稲田大学在学中の1993年、詩集『カシオペア・ペカ』を刊行。1996年、東京大学総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士課程修了。その後パリに拠点を移し、自作のフランス語訳や多和田葉子の仏訳、漫画の仏訳を刊行する。「ナツヨウコ」の別名による著作もある。2004-10年フランス国立東洋言語文化研究所講師。2012年フランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを受章。[1]2022年、『ベイルート961番』の仏語版で第42回フランス-レバノン文学賞審査委員特別を受賞。

著作[編集]

  • 『カシオペア・ペカ』(書肆山田) 1993
  • 『(com)position』(書肆山田) 1996
  • 『発光性diapositive』(書肆山田) 2000
  • 『二つの市場、ふたたび』(書肆山田) 2001
  • Calque 2001
  • 『熱帯植物園』(書肆山田) 2004
  • Héliotropes, 2005
  • 『グラナダ詩編』(書肆山田) 2007
  • Adagio Ma Non Troppo, 2007
  • Ce n'est pas un Hasard : Chronique Japonaise, 2011
  • L'astringent, 2012
  • Manger Fantôme : Manuel Pratique de l'Alimentation Vaporeuse, 2012
  • La Voix sombre, 2015
  • 『カタストロフ前夜 - パリで3・11を経験すること』(明石書店) 2020
  • 『ベイルート961時間(とそれに伴う321皿の料理)』(講談社) 2022

共著[編集]

翻訳[編集]

フランス語から日本語へ[編集]

日本語からフランス語へ[編集]

  • 吉増剛造『The Other Voice』
  • 吉増剛造『絵馬』
  • Train de Nuit avec Suspects多和田葉子『容疑者の夜行列車』、ルナール・バヌン共訳)
  • Sang et Os梁石日血と骨』、パトリック・オノレ共訳)

漫画[編集]

参考[編集]

  • [2]
  • 『ぴあ ピープルズファイル90』1989

脚注[編集]

  1. ^ [1]