文月悠光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
文月悠光
ペンネーム 文月悠光
(ふづきゆみ)
誕生 (1991-07-23) 1991年7月23日(25歳)
日本の旗北海道札幌市
職業 詩人
国籍 日本の旗 日本
主題 エッセイ書評
代表作 『適切な世界の適切ならざる私』(2009年)
主な受賞歴 第46回現代詩手帖賞
第15回中原中也賞
第19回丸山豊記念現代詩賞
公式サイト FuzukiYumi.com
テンプレートを表示

文月 悠光(ふづき ゆみ、1991年7月23日 - )は、日本の女性詩人で、北海道札幌市出生である。

経歴[編集]

札幌市立真駒内中学校[1]2年時の2006年から詩誌「現代詩手帖」や「詩学」へ詩を投稿する。2007年に中学3年時で詩学最優秀新人賞を[1]北海道札幌旭丘高等学校2年時の2008年帷子耀に並ぶ過去最年少16歳で現代詩手帖賞を受賞。

高校3年時の2009年に第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』を上梓して、中原中也賞丸山豊記念現代詩賞を過去最年少18歳で、それぞれ受賞する。

早稲田大学教育学部在学時は詩やエッセイ、書評を寄稿しつつ、詩の朗読で都内のイベントへ出演。2013年に、アイドルオーディション「ミスiD2014」へ応募 [2][3][4]して、個人賞[5]を受ける。第2詩集『屋根よりも深々と』を上梓し、第80回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲「ここにいる」を作詞。2014年石原千秋ゼミ[6]を卒業する。

2016年、初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』、第3詩集『わたしたちの猫』を刊行。

ラジオ番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」で詩を朗読するほか、タイツの商品企画に一部参加[7]。2013年のシブカル祭。では、シンガーソングライターの吉澤嘉代子とコラボレーション[8]するなど、芸術各方面へ積極参加している。2015年から2016年にかけて、現代詩手帖の新人作品欄で選考を担当する。

年譜[編集]

  • 2001年 『くずかごの中の詩-都立代々木高校のある青春』[9]をきっかけに詩の創作を試み始める。
  • 2006年 「現代詩手帖」「詩学」へ詩を投稿する。
  • 2007年2月 第3回詩学最優秀新人賞を受賞する。
  • 2008年4月 第46回現代詩手帖賞を受賞する。
  • 2009年10月 第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』[10]を上梓する。
  • 2010年2月 第15回中原中也賞[11]を受賞する。
  • 2010年4月 第19回丸山豊記念現代詩賞を受賞する。
  • 2010年7月 「現代詩手帖」7月号に、特集「文月悠光――私から“わたし”へ」、佐々木敦との対談、吉増剛造との往復書簡などが掲載される。
  • 2013年8月 第2詩集『屋根よりも深々と』[12]を上梓する。
  • 2013年10月 第80回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲「ここにいる」を作詞する。

人物[編集]

中学生時代は演劇部、高校生時代は美術部にそれぞれ参加して部長[13]を務める。

主な著作[編集]

単行本[編集]

アンソロジー[編集]

CDブックレット[編集]

広告[編集]

poepencil[編集]

タイツ[編集]

  • 原稿用詩(原稿用紙の柄に、オリジナルの詩が印字されたデザイン。2012年、tokone
  • 詩と女[リンク切れ](イラストレーターmiccaとのコラボ、2012年、tokone)
  • ribon(イラストレーターmiccaとのコラボ、2012年、tokone)

連載詩[編集]

歌詞[編集]

  • ここにいる(2013年、第80回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部の課題曲として制作、作曲者新実徳英
  • ぼくらの日曜日(2015年11月11日、寺嶋由芙のシングルCD「いやはや ふぃ〜りんぐ」のカップリング曲。寺嶋との共同作)

エッセイ[編集]

書評[編集]

  • 読書日録(「すばる」2010年10月号 - 12月号連載)
  • NAVI&navi(「読売新聞」夕刊ライブラリー面にて連載 2012年4月21日 - 2014年1月11日)
  • 40人のここが気になる(「ケトル」2014年6月21日 - 連載中)

文庫解説[編集]

対談[編集]

  • 佐々木敦(「現代詩手帖」2010年7月号、文月悠光特集号)
  • 栩木伸明(「週刊読書人」2010年12月10日号、映画「ノルウェイの森」に関して。映画からインスピレーションを得た詩作品も執筆)
  • 花井悠希(「ばよりん彼女 花井悠希フォトブック」2011年3月、音楽出版社。 「CD Journal」2011年04月号)
  • 金原瑞人(「飛ぶ教室」44号、2016年1月)
  • 福間健二(「キネマ旬報」2016年11月上旬号、映画『秋の理由』について)

展示[編集]

主な出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

ショートムービー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『広報さっぽろ 南区版』 2007年3月号
  2. ^ [[1]]; [講談社] (2014年7月). “37 文月悠光 Miss ID”. ミスiD2014 オフィシャルHP. 株式会社トランジットジェネラルオフィス. 2016年8月26日閲覧。
  3. ^ (MP4) ミスiD2014 Audition 37 文月悠光 (動画). 東京: 講談社.. (2013年7月11日). 該当時間: 1m50s. https://www.youtube.com/watch?v=CimwP7IlpZU 2016年8月26日閲覧。 
  4. ^ (MP4) ミスiD 2014 文月悠光 コメント (動画). 東京: 講談社.. 該当時間: 0m52s. https://www.youtube.com/watch?v=PaaZJDeW8fc 2016年8月26日閲覧。 
  5. ^ [[2]]; [講談社] (2014年9月). “ミスID2014について”. ミスiD2014 オフィシャルHP. 株式会社トランジットジェネラルオフィス. 2016年8月26日閲覧。
  6. ^ 読書のフェス[リンク切れ]
  7. ^ http://to-ko-ne.com/portfolios/yumi-fuzuki/ toko
  8. ^ [3]DIARY | 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト
  9. ^ 星野佳正著、1999年3月理論社出版
  10. ^ ISBN 978-4-7837-3162-7思潮社
  11. ^ 第15回中原中也賞
  12. ^ ISBN 978-4-7837-3365-2、思潮社
  13. ^ ブログ:備忘録[リンク切れ]

外部リンク[編集]