杉本真維子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉本 真維子(すぎもと まいこ、1973年1月10日 - )は、日本詩人長野県長野市生まれ。武蔵野女子大学短期大学部文科英文専攻、学習院大学文学部哲学科卒業。

略歴[編集]

幼少より詩を書き始める。詩集『点火期』の略歴によると、初投稿は1998年婦人公論詩欄(選者井坂洋子)。2002年第40回現代詩手帖賞受賞。2003年詩集『点火期』を発表(中原中也賞及び小野十三郎賞最終候補)。当時、評価されることの少なかった第1詩集のなかで高い評価を集める[1]

以後、批評や散文も手がける。2008年第2詩集『袖口の動物』で第58回H氏賞受賞。同年、第13回信毎選賞受賞。2015年、第3詩集『裾花』で第45回高見順賞受賞[2]。 2012年度、2017年度H氏賞選考委員。2016年~2017年現代詩花椿賞選考委員。福間健二高貝弘也との三人誌「cow」同人。宇都宮アート&スポーツ専門学校文芸創作科で講師も務める。

詩集[編集]

  • 『点火期』 思潮社 2003年9月
  • 『袖口の動物』 思潮社 2007年10月 (叢書・新しい詩人)
  • 『裾花』 思潮社 2014年10月

随筆[編集]

  • 『三日間の石』 響文社 2020年6月

共著[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「現代詩年鑑2004」(現代詩手帖2003年12月号) 思潮社 今年度の収穫、148頁〜171頁
  2. ^ “第45回高見順賞に杉本真維子さんの「裾花」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2015年1月10日). http://www.asahi.com/articles/ASH1B530HH1BUCLV004.html 2016年1月7日閲覧。 

外部リンク[編集]