小嶋一浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小嶋 一浩
こじま かずひろ
生誕 (1958-12-01) 1958年12月1日
日本の旗 日本大阪府
死没 (2016-10-13) 2016年10月13日(満57歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
東京大学大学院
職業 建築家
受賞 吉岡賞(1990年)
日本建築学会賞(1997・2016年)
日本建築家協会賞(2007年)
村野藤吾賞(2013年)
所属 (株)CAt(シーラカンスアンドアソシエイツトウキョウ)
建築物 吉備高原小学校
ビッグハート出雲
千葉市立打瀬小学校

小嶋 一浩(こじま かずひろ、1958年昭和33年12月1日 - 2016年平成28年10月13日[1])は、日本の建築家横浜国立大学大学院Y-GSA教授。元東京理科大学大学院教授。元東京大学東京藝術大学東京工業大学東北大学広島工業大学日本女子大学非常勤講師。(株)CAt(シーラカンスアンドアソシエイツトウキョウ)共同主宰。日本建築学会賞吉岡賞村野藤吾賞など多数受賞。

来歴・人物[編集]

  • 大学院在学中にシーラカンスを共同で設立。
  • 作風は「白と黒」、「スペースブロック」などの独自のキーワードで建築を構築する。現在は、海外でも活動している。
  • 妻は建築家の城戸崎和佐
  • 教育者として、小嶋lab.発足以来、せんだいデザインリーグファイナリスト、トウキョウ建築コレクション、各コンペティション入賞者を多く輩出するなど教育者として高い評価を得ている。

略歴[編集]

大阪府生まれ

作品[編集]

  • 1988年 吉備高原小学校(30歳)
  • 1991年 スペースブロック上新庄(33歳)
  • 1999年 ビッグハート出雲(41歳)
  • 2001年 宮城県迫桜高等学校(43歳)
  • 2002年 クリニック/ハウスN(44歳)
  • 2002年 ヒムロハウス
  • 2003年 ツダ・ジュウイカ(45歳)
  • 2003年 スペースブロック・ハノイモデル
  • 2004年 リベラル・アーツ&サイエンス・カレッジ(46歳)
  • 2004年 Ota House Museum
  • 2005年 千葉市立打瀬小学校増築棟(47歳)
  • 2005年 ぐんま国際アカデミー
  • 2005年 スペースブロック・ノザワ
  • 2006年 岐阜北方インフィルプロジェクト(48歳)
  • 2006年 千葉市立打瀬小学校
  • 2006年 千葉市立打瀬小学校子どもルーム
  • 2007年 MURAYAMA(49歳)
  • 2007年 中央アジア大学ナリンキャンパス
  • 2007年 ジェティー・キャビン
  • 2007年 ギンザ
  • 2007年 グレインズシモメグロ
  • 2008年 国際交流基金情報センターライブラリー(50歳)
  • 2009年 幕張インターナショナルスクール
  • 2010年 12のストゥッディオーロ(MM1221)(52歳)
  • 2011年 宇土市立宇土小学校

受賞[編集]

作品集[編集]

著書[編集]

出演[編集]

その他[編集]

小嶋研究室出身の建築家[編集]

出典[編集]

  • 新建築社新建築」2010年2月号、『12のストゥッディオーロ(MM1221)』、116-124項

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]