武松幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武松 幸治(たけまつ ゆきはる、Yukiharu Takematsu1963年 - )は、日本建築家インテリアデザイナーである。

来歴・人物[編集]

1986年、多摩美術大学美術学部建築科(現:環境デザイン学科)卒業。1986年、株式会社ユニテ設計・計画に入社。1987年、都市建築ワークショップ ロンドンAAスクールサマーセミナーに参加。1988年、株式会社クリエイティブ・インテリジェンス・アソシエイツに入社。1989年、ロンドンのブロンソン・コーツ・アーキテクチャーに勤務。1991年、環境変換装置建築研究所一級建築士事務所/EPA設立。

住宅建築、店舗設計はもとより、展覧会や現代美術展の会場構成も多数手掛けている。また、恵比寿トランスビルやブリティッシュ・カウンシル「GREAT BRITS展」等で見せた斬新かつ実験的な建築プロジェクトで大きな注目を集める。アーティストとしての活動も活発に行い、毎年ロンドンで行われ世界のデザイナーが注目する「100%デザイン」にも出展している。

「新豊洲Brillia ランニング スタジアム」で、2019年日本建築学会賞(作品)を受賞[1]

受賞歴[編集]

作品[編集]

  • Brillia Tower KAWASAKI(東京建物):「ELLEDECO」とのコラボレーションによる分譲マンションデザイン。“ELLEDECOのセンス”を体現できる建築家として同誌が推薦し実現)[4]
  1. ^ https://www.aij.or.jp/2019/2019prize.html
  2. ^ 今月のトーク「クライアントとデザイナー」 (株)辰 通信24号 2002年3月
  3. ^ https://www.aij.or.jp/2019/2019prize.html
  4. ^ 「Brillia Tower KAWASAKI」 7月下旬プロジェクト説明会開催、9月上旬モデルルームオープン