川本末雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川本 末雄
生誕 1907年3月16日[1][2]
日本の旗 日本熊本県玉名村[1](現玉名市玉名[3]
死没 (1982-12-24) 1982年12月24日(75歳没)[3]
神奈川県鎌倉市[3]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校日本画科[3]
著名な実績 日本画
受賞

日展特選
1949年 夕映
[3][4]
日展特選、白寿賞、朝倉賞
1953年 朝の渓谷
[3][4]
日展文部大臣賞
1971年 新秋譜
[3][4]
日本芸術院賞恩賜賞
1975年 春の流れ
[3][4]

勲四等旭日小綬章
1982年
[3]
選出

日展審査員(1958年)[3]
日展会員(1959年)[3]
日展評議員(1968年)[3]
日展副理事(1977年)[3]

日展参事(1980年)[3]
活動期間 1948年 - 1979年[3]
この人に影響を
与えた芸術家

松岡映丘[3]

山口蓬春[3]

川本 末雄(かわもと すえお、1907年明治40年)3月16日[1] - 1982年昭和57年)[4])は、熊本県玉名村(現玉名市玉名)出身[1]日本画家[1][4]

現代的解釈による大和絵の世界を展開し[5]、郷里の菊池川周辺の自然風景をモチーフに、現代日本画の新境地を開いた[1]

略歴[編集]

1907年明治40年)、熊本県玉名村に生まれる[1]。旧制玉名中学校(現熊本県立玉名高校)を経て1929年[3]東京美術学校(現東京芸術大学)へ入学[1]、1933年卒業[3]松岡映丘に師事する[3][4]。1938年の松岡映丘の死去により翌1939年より山口蓬春に師事[3][4]

1948年、第4回日本美術展覧会(日展)にて「水辺薄日」が初入選、翌1949年第5回日展で「夕映」特選、1953年第9回日展で「朝の渓谷」が特選・白寿賞・朝倉賞を受賞[3][5]。1971年第3回改組日展で「新秋譜」が文部大臣賞、1975年第7回日展「春の流れ」で翌1976年第32回日本芸術院賞恩賜賞受賞[3][4][6]。1982年勲四等旭日小綬章を受章[3]

1977年より日展理事[3]、1980年日展参事[3]

1982年12月24日午前7時33分、心不全のため神奈川県鎌倉市の自宅で死去、享年75[3]

作品[編集]

日展出品歴[3]。太字は受賞。
出品年 出品回 作品 / 備考
1. 1948年  -  第4回  -  「水辺簿日」
2. 1949年  -  第5回  -  夕映」 / 特選
3. 1950年  -  第6回  -  「早春の朝」依嘱
4. 1951年  -  第7回  -  「晩秋」
5. 1952年  -  第8回  -  「杉木立の風景」
6. 1953年  -  第9回  -  朝の渓谷」 / 特選、白寿賞、朝倉賞
7. 1954年  -  第10回  -  「倒影」 / 依嘱
8. 1955年  -  第11回  -  「虹鱒」 / 依嘱
9. 1956年  -  第12回  -  「秋瀑」 / 依嘱
10. 1957年  -  第13回  -  「晨湖」 / 依嘱
11. 1958年  -  第1回社団法人  -  「錦秋」 / 審査員
12. 1959年  -  第2回社団法人  -  「冬日」 / 会員
13. 1960年  -  第3回社団法人  -  「残雪」
14. 1961年  -  第4回社団法人  -  「鶏頭」
15. 1962年  -  第5回社団法人  -  「月明」
16. 1963年  -  第6回社団法人  -  「広野」 / 審査員
17. 1964年  -  第7回社団法人  -  「浜風」
18. 1965年  -  第8回社団法人  -  「沼」
19. 1966年  -  第9回社団法人  -  「宵」
20. 1967年  -  第10回社団法人  -  「うしお」 / 審査員
21. 1968年  -  第11回社団法人  -  「雪の並木」 / 評議員
22. 1969年  -  第1回改組  -  「暁光」
23. 1970年  -  第2回改組  -  「秋耀」
24. 1971年  -  第3回改組  -  新秋譜」 / 文部大臣賞、審査員
25. 1972年  -  第4回改組  -  「湿原の夏」
26. 1973年  -  第5回改組  -  「朝」
27. 1974年  -  第6回改組  -  「苔樹」 / 審査員
28. 1975年  -  第7回改組  -  春の流れ」 / 翌1976年芸術院恩賜賞
29. 1976年  -  第8回改組  -  「流れ」
30. 1977年  -  第9回改組  -  「凍沼晨」 / 理事
31. 1978年  -  第10回改組  -  「山の朝」 / 審査員
32. 1979年  -  第11回改組  -  「峡谷」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「玉名が生んだ日本画家 川本末雄展」”. 玉名市 (2014年3月5日). 2016年1月23日閲覧。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、342頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 東京文化財研究所:「川本末雄」(2015年12月14日)、2016年10月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 川本末雄”. コトバンク. 2016年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 川本末雄|美術人名辞典”. 思文閣. 2016年1月23日閲覧。
  6. ^ 歴代授賞者一覧”. 日本芸術院. 2016年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]