山口蓬春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山口 蓬春(やまぐち ほうしゅん、1893年10月15日 - 1971年5月31日)は、日本画家北海道松前郡松城町(現・松前町)生まれ。本名、三郎

1913年東京高輪中学校を卒業後、東京美術学校(現・東京芸術大学)に進学。松岡映丘に師事し、大和絵を習得。23年卒業、1924年新興大和絵会に参加する。26年帝国美術院賞受賞。29年帝展審査員。50年日展運営会参事、日本芸術院会員、54年日展運営会理事、58年日展常務理事、1965年文化勲章受章、文化功労者。69年日展顧問。

画風は西欧絵画の日本的表現と見られる。

著書など[編集]

  • 新日本画風景の第一歩 アトリヱ叢書 アトリヱ社 1932
  • 現代名家素描集 第1輯 山口蓬春自選 植物篇 芸艸堂 1940
  • 新日本画の技法 美術出版社 1951
  • 山口蓬春自撰画集 日本美術新報社 1959
  • 山口蓬春自選展図録 三彩社 1963
  • 山口蓬春作品集 朝日新聞社 1973
  • 現代日本の美術 3 鏑木清方・山口蓬春 座右宝刊行会編 集英社 1976
  • 山口蓬春素描集 JR東海生涯学習財団 2003
  • 山口蓬春日記 第1-3巻 山口蓬春記念館 2004-08

関連人物[編集]

外部リンク[編集]