高輪中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高輪中学校・高等学校
Takanawa highschool.jpg
過去の名称 普通教校
文学寮
模範仏教中学
第一仏教中学
高輪中学校・高輪商業学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人高輪学園
設立年月日 1885年
創立者 龍口了信
共学・別学 男子校
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13530F
所在地 108-0074
東京都港区高輪二丁目1番32号
公式サイト 高輪中学校・高輪高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

高輪中学校・高等学校(たかなわちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都港区高輪二丁目にあり、中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校2014年度から、高等学校の外部募集を停止した完全中高一貫校になる[1]

概要[編集]

1885年明治18年)、京都西本願寺の手により「普通教校」が開校。1901年(明治34年)、現在地である高輪に移転し、1906年(明治39年)、仏教との関係を離れ、新時代にふさわしい、広い知識を修めた人材の養成を目的とした教育機関として高輪中学校と改称した。

1947年昭和22年)、学制改革に伴い、高輪中学校・高輪高等学校として新しく出発した。1970年(昭和45年)に中学校募集を一旦を停止したが、1989年(平成元年)に募集を再開し中高一貫教育を実現する。

2005年(平成17年)、創立120周年を迎えた。

2013年度までは高等学校からはスポーツに技量が優れ、入学後もそのスポーツに関わるクラブに所属して活動できる生徒に限り15名募集していた[2]が、2014年度以降高校からの募集を停止し、完全中高一貫校となった。

校風[編集]

戦前、良家の子弟が多く、「高輪温泉」などと現在でも内外で揶揄されることもあるが、比較的のびのびとした校風である。親子や兄弟で高輪出身といった生徒も多く帰国子女も少なくない。

近年では「自主堅正」という校訓の通り、自主的に課外活動や行事、勉学に取り組む生徒が多い。

仏教教育とは切り離されているが、昭和の末期までには一部クラスの朝のホームルームに瞑想の時間があった。

進学実績[編集]

ほとんどの生徒が大学に進学を希望し、多くの生徒が難関国公立・私立大学に進学する。

例年、卒業生約200名のうち国公立大学に約40名、早稲田大学・慶応大学に約50名が合格する。

平成29年には本学の生徒が東京大学工学部の推薦入試に合格した。

中学受験時における難易度は高くは無い(各塾公表の偏差値表では50ほど)が、同じような入試難易度の中高一貫校と比べると比較的良い実績を残しているといえる。

沿革[編集]

  • 1885年4月 - 京都西本願寺により普通教校創立、4月18日の開校式を現高輪学園の創立記念日とする。
  • 1888年10月 - 西本願寺の学制更改により文学寮と改称。
  • 1900年4月 - 西本願寺の学制更改により 模範仏教中学仏教高等中学仏教大学と改称。
  • 1901年4月 - 高輪の地に移転。
  • 1902年4月 - 模範仏教中学は第一仏教中学[3]と改称。
  • 1904年4月 - 大学・高等中学は京都に移転し(現在の龍谷大学の一部)、第一仏教中学のみ高輪に残留。
  • 1906年4月 - 第一仏教中学を高輪中学と改称。仏教との関係から離れる。
  • 1920年4月 - 高輪商業学校開設。
  • 1935年6月 - 創立50周年。校歌制定。
  • 1944年4月 - 高輪商業学校を高輪工業学校に転換(終戦後商業学校に復帰)。
  • 1947年4月 - 新制高輪中学校高輪第二中学校(後に廃止)発足。
  • 1948年4月 - 新制高輪高等学校(普通科・商業科)発足。
  • 1955年11月 - 高輪高等学校から商業科を分離し、高輪商業高等学校を設立。
  • 1970年3月 - 中学校休校。
  • 1985年4月 - 創立100周年。『高輪学園百年史』発行。
  • 1989年4月 - 中学校募集再開。
  • 1994年4月 - クリスチャンである櫻橋稔が初めて校長に就任。
  • 1996年2月 - 商業高等学校廃校。
  • 2003年4月 - 授業5日・学校6日制とする(土曜講座開講)。
  • 2005年4月 - 授業6日制とする。
  • 2006年4月 - 創立120周年記念誌『千学児(第4号)』発行。
  • 2007年4月 - スポーツ推薦による高校募集を一時中止。
  • 2008年4月 - スポーツ推薦による25名の高校募集を再開。
  • 2013年4月 - 高等学校での生徒募集を停止、完全中高一貫校化。

クラス編成[編集]

クラス替えは毎年行われるが、中学3年次より成績によるクラス分け(上位2クラス)が行われ、高校2年次には文系理系に分かれさらに成績を考慮した選抜クラスが作られる。高校3年では選抜クラスの代わりに国公立クラスを設ける。

受験では4科目でA日程70名、B日程70名、C日程30名を募集。また算数午後入試20名(2002年より実施)、帰国子女10名を募集している。

かつては剣道部をはじめとした特定の運動系部活動に参加することを条件として高等学校からの生徒募集も行われていたが、2014年度以降、高等学校での生徒募集は行われておらず完全中高一貫校となっている。

学校行事[編集]

5月には体育祭、7月にはオープンキャンパス、10月には文化祭「高学祭」が開催されている。

現坂本校長時代から海外交流に力を入れており、高校2年次に修学旅行で海外へ行くほか、中3・高1の希望者向けにイギリス・サマースクールを実施している。(2012年度のイギリス・サマースクールはロンドンオリンピック開催のため中止になったため、2013年度のイギリス・サマースクールでは高校2年の希望者も含めて実施された。)

部活動[編集]

  • 剣道部
    インターハイ優勝3回を誇る名門である。(1997年・2000年・2004年)
  • ダーツ部
    平成26年 JAPAN OPEN ユースシングルス 優勝

交通[編集]

著名な出身者[編集]

脚注および参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高校入試要項(高輪中学校・高輪高等学校)によれば、「平成26年度より高等学校は募集致しません。」と記載されている。2013年6月22日閲覧。
  2. ^ 高校入試要項(高輪中学校・高輪高等学校)の「Ⅰ 平成25年度 高輪高等学校募集要項」の「出願資格」によれば、「2. 次のスポーツ活動の一つについて、特に技量がすぐれ、本校入学後そのクラブに所属して活動できる者。剣道・バレーボール・硬式野球・柔道・バスケットボール・バドミントン・サッカー・硬式庭球」と記載されている。
  3. ^ 仏教中学は全国で5校あった。第一仏教中学(現高輪高等学校)、第二仏教中学(現北陸高等学校)、第三仏教中学(現龍谷大学付属平安高等学校)、第四仏教中学(現崇徳高等学校)、第五仏教中学(現龍谷高等学校)である。いずれも旧制中学校の要件を満たない「中学」である。
  4. ^ 以上4人は昭和26年に高輪中学に入学した。http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/811

関連項目[編集]

外部リンク[編集]