崇徳中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
崇徳高等学校から転送)
移動先: 案内検索
崇徳中学校・高等学校
Sohtoku junior and senior high school 01.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人崇徳学園
校訓 四綱領
健康・誠実・精進・感謝
設立年月日 1951年4月28日
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 中高一貫コース
特別進学コース
進学コース
学期 3学期制
高校コード 34502E
所在地 733-8511
広島県広島市西区楠木町四丁目15番13号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

崇徳中学校・高等学校(そうとくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、広島市西区楠木町四丁目にある私立中学校高等学校。男子校である。

概要[編集]

校名の「崇徳」の由来は、『仏説無量寿経』(ぶっせつむりょうじゅきょう)の中にある「崇徳興仁 務修礼譲」(徳を尊び、思いやりの心を培い、修養に励んで、礼義を重んじる)という箇所から、明治時代の西本願寺21世法主の明如(大谷光尊)が選んだものを当学園に授けたものである。

西本願寺系の龍谷総合学園加盟校であり、龍谷大学への特別推薦制度がある。多くの生徒が進学している。

生徒が学ぶコースは、2000年からスタートした「中高一貫6年制」。他中学から進学してきた生徒には「特別進学コース」と「進学コース」と「クラブ推薦コース」がある。「進学コース」は高校2年へ進級の際、主に「五型(国公立)理系・文系」「三型(私立)理系・文系」「仏教コース」に別けられる。「特別進学コース」は長期休暇中に開講される補習を受けることが義務付けられており、7限目の補講が行われる。「進学コース」から「特別進学コース」へは高校1年から2年へ進級する際、模試の結果や成績などを考慮され変更することが出来る(ただし、1年次の全統記述模試を全て受験する必要あり)。

校内には中学校と高校が併設しており施設も共同で使う。崇徳学園の図書館の蔵書数は約4万冊あり、以前は広島県の学校図書館の中では最大規模であった。今でも月に100冊以上の新刊図書をそろえ、生徒の幅広いニーズにこたえている。

広島県では4番目に古い高校として歴史と伝統を誇る[1]

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1875年 - 「学仏場」として広島市胡町に寺院子弟の専門学校として開学。
  • 1877年 - 「進徳教校」に改組。
  • 1882年 - 「進徳教校」が広島市西区楠木町の現在地に移転。
  • 1883年 - 真宗崇徳教社が「進徳教校」の経営に関わる。
  • 1900年 - 校名を「仏教中学」に改める。
  • 1901年 - 校名を「広島仏教中学」に改める。修業年限を5年制にする。
  • 1902年 - 西本願寺が学校の直接経営権を握り、校名を「第四仏教中学」[2]に改める。
  • 1912年 - 西本願寺の意向により、第四仏教中学閉校[3]
  • 1913年 - 旧制崇徳中学校として再スタート。この年より門戸を一般に開放。経営は真宗崇徳教社。初代校長に観山覚道就任。
  • 1928年 - 旧制中学校歌制定(1948年の新制高校発足後に歌詞を一部変更の上再制定)[4]
  • 1945年 - 原爆により校舎全壊。市内猫屋町の光道小学校を仮校舎として9月、授業再開。
  • 1948年 - 学制改革により、新制「崇徳高等学校」発足。中学校を併設。
  • 1951年 - 真宗崇徳教社が経営権を学校法人崇徳学園に譲渡。商業科を高校に併設。
  • 1964年 - 創立88年記念式典開催。戦前に発行されていた学園誌が1回限りの復刊。体育館竣工。
  • 1967年 - 崇徳中学校を広島市西区大芝に移し、全寮制を取る。「興仁寮」竣工。
  • 1972年 - 戦前に発刊されていた学園誌が正式復刊。
  • 1973年 - 経営のあり方を巡り理事会と教職員が対立。教職員は組合を作りストライキを起こした。理事は全員辞任。
  • 1976年 - 第48回選抜高等学校野球大会で硬式野球部初優勝。
  • 1983年 - 商業科募集停止。
  • 1985年 - 特別進学コース(Aコース)設置。7時間制。
  • 1986年 - 商業科35年の歴史に幕。これにより高校は普通科A・Bコースと仏教コースのみとなる。
  • 1991年 - 台風19号被害で保険金を簿外処理していた事が発覚。社会問題に発展し理事長が辞任。事務員が懲戒免職。
  • 1993年 - 中学校の寮「興仁寮」閉鎖。
  • 1995年 - 龍谷大学と教育連携校締結。
  • 2000年 - 中高一貫教育がスタートし、中学校が高校敷地内に戻る。
  • 2001年 - 新校舎落成。
  • 2006年 - 韓国釜山広域市にある大淵高等学校と交流を始める[5]

崇徳教社との関係[編集]

  • 1951年まで真宗崇徳教社が経営に関わっている。元々、進徳教校は崇徳教社の「興学・布教・慈善」という三大目的の一つ「興学」の実施機関という性格を有していたとされる。進徳教校は明治34年(1901年)に広島仏教中学と改名され、経営を本願寺に移した。翌明治35年には第四仏教中学と改称し、明治45年(1912年)に本願寺は第四仏教中学を兵庫県の六甲山に移した。その後、崇徳教社の手により普通中学が開校され旧制崇徳中学校として存続していくことになる[6]。詳しくは、崇徳教社を参照。

崇徳銀行[編集]

  • 1912年から1925年にかけて存在した銀行である。崇徳教社は当初財政難であったが、崇徳銀行を設立し、その収益を学校運営に回していたとされる。

学校行事[編集]

中学校では、学年毎に修学旅行や登山旅行がある。スポーツ・クラブ活動を積極的に奨励しており、毎月「月例マラソン」と称してマラソン大会が行われている。文化祭においては、劇発表・音楽発表・弁論大会・クラスでの研究発表・クラブの模擬店やカラオケ大会などが行われる。

高校では生徒数が多いため「体育祭」は存在しない。その代わりとして定期考査終了後「クラスマッチ」という形でソフトボールバレーボールバスケットボールバドミントンなどが行われている。文化祭は「崇徳祭」と呼ばれ毎年11月に2日間にわけて行われている。学年ごとに出し物に制限がかけられており、学年が上がるごとに緩くなっていく。最高学年である3年生になると各クラス模擬店を出店し軽食等を提供する。

中学・高校全体では年に一度演劇鑑賞が行われている。また、本校では3年に1度劇団四季の劇を貸し切りで鑑賞している(保護者も鑑賞可能)。

宗教行事[編集]

本校では4月の花祭り(灌仏会)、5月21日の宗祖降誕会並に開校記念式、11月28日報恩講並に学園関係者追悼法要という三大仏教行事が行われる。加えて、1951年に学園内の原爆供養塔建立を機縁として、毎年8月6日には原爆忌法要が行われ、全校生徒の登校日として制定化し、全学挙げての追悼式が行われている。

進学実績[編集]

毎年国公立大学へは50~60名程が合格している。その内には、京都大学大阪大学神戸大学九州大学北海道大学等の難関国立大学や、岐阜大学医学部・広島大学医学部への進学者も出ている。また、地元の広島大学へは例年10名程度が進学している。 私立大学へは、早稲田大学明治大学中央大学法政大学への進学者が増えている。また、関関同立産近甲龍などの関西私立大学、地元の広島修道大学広島工業大学広島経済大学などへの進学者が多い。なお、龍谷大学へは特別推薦枠があるため毎年30名程が進学している。 以上から、地元では中堅進学校という位置づけである。

近年の国公立大学合格推移
2013年度:87名、2014年度:66名、2015年度:54名、2016年度:63名

クラブ活動[編集]

  • 中学校運動部

バレーボール部/柔道部/野球部/剣道部/卓球部/バスケットボール部/テニス部/陸上競技部/体操部/サッカー部/ラグビー部

  • 中学校文化部

宗教部/理化部/ESS/パソコン部/将棋オセロ部

  • 高等学校運動部

硬式野球部/バレーボール部/柔道部/弓道部/アメリカン・フットボール部/ボクシング部/ソフトテニス部/サッカー部/卓球部/体操部/軟式野球部/空手道部/ゴルフ部/自転車部/バドミントン部/テニス部/陸上競技部/剣道部/ラグビー部/バスケットボール部/水泳部

  • 高等学校文化部

グリークラブ/軽音楽部/宗教部/数学研究部/文芸部/新聞部/化学部/生物部/ESS/美術部/書道部/写真部/茶道部/映画研究部/漫画研究部/平和問題研究部/インターアクト部/多文化共生研究部

高等学校の主要なクラブ活動は以下の通り。

体育系[編集]

バレー部[編集]

1946年創部。全国的にも強豪校として知られている。高校三冠といわれる選手権高校総体(2010年度より選手権から分離)・国体、およびかつてのタイトルであった春高バレー(1970年度から2009年度までで終了)において、獲得した全国タイトルは全国高校最多計18回(選手権8・総体0・国体6・春高4)を誇る(9人制含む)。また、準優勝17回・ベスト4に11回・ベスト8に11回にも輝いている。OBに猫田勝敏ら。1990年には米田一典全日本女子監督、西本哲雄が全日本女子ジュニア、小早川啓がNKK、井原文之富士フイルム小田雅志JT寺廻太日本電気と日本リーグ男子8チームのうち半分の4チームを含め6人の出身者が監督に就任した。 近年は全国大会優勝から遠ざかっているが、2016年第68回春高バレーでは久々にベスト8へと駒を進めた。

ラグビー部[編集]

1932年(昭和7年)創部。「日本ラグビーの父」と呼ばれる元日本ラグビーフットボール協会会長である香山蕃の実弟である本学教諭であった香山俊二により創部された。広島県下で最も古い歴史を持つ。全国高校ラグビーフットボール大会に14回出場、ベスト4(3回)の実績がある。また、国民体育大会(単独出場9回)では準優勝1回・ベスト4が2回。1980年以降は、戦後の広島県ラグビー界で台頭してきた広島県立広島工業高等学校や近年台頭してきた尾道高等学校により全国大会出場が阻まれている。

戦績[編集]

全国高等学校ラグビーフットボール大会(旧全国中等学校ラグビーフットボール大会)戦績

出場年 大会 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
1935 17 3-39●(京都三中
1936 18 8-9●(脇町中
1937 19 3-3○(福岡中 0-11●(培材高普
1938 20 6-3○(同志社中 0-36●(秋田工
1939 21 3-28●(撫順中))
1940 22 0-18●(養正中))
1942 24 3-5●(脇町中)
1943 25 16-5○(同志社中) 0-12●(福岡中)
1949 28 11-14●(北見中
1951 30 3-15●(金足農
1961 40 0-10●(京王
1962 41 0-0○(北海 27-3○(和歌山商 0-11●(保善
1966 45 6-18●(盛岡工
1980 60 7-4○(千葉南 13-16●(福岡)

硬式野球部[編集]

創部は1947年1961年広島大会で優勝し甲子園に初出場(第43回全国高等学校野球選手権大会ではベスト16)。1976年第48回選抜高等学校野球大会で優勝。甲子園には春3回(1976年、1978年、1993年)、夏2回(1961年、1976年)出場。

1976年のドラフト会議では、應武篤良近鉄3位指名、拒否して早稲田大学へ進学)、黒田真二日本ハム1位指名、のちにヤクルト)、山崎隆造広島1位指名)、小川達明(広島5位指名)と、同じ高校から1位二人を含む4人が指名され、当時は珍しく話題を呼んだ。スローガンは「一球入魂」。

歴代監督[編集]
  • 新制高校以降の硬式野球部の歴代監督を列記する。[7]
歴代 監督名 備考
初代 久保和彦 時期:1947年~1953年、1950年に広島県高野連に加盟
2代 高橋知信 時期:1953年~1955年
3代 木村三人 時期:1955年~不明
4代 吉田祥三 初の生え抜き監督
5代 小西敏也
6代 久保和彦 1961年選手権大会初出場、ベスト8
7代 鳴川則弘
8代 土取武宣 時期:不明~1975年
9代 久保和彦 時期:1975年~1976年、選抜初出場・初優勝
10代 吉田祥三 時期:1976年~1977年、2度目の選手権大会出場
11代 畠繁明 時期:1977年~1979年、2度目の選抜出場
12代 陶山秀樹 時期:1979年~1987年
13代 土取武宣 時期:1987年~1990年
14代 登利夫 時期:1990年~2001年、3度目の選抜出場
15代 藤本誠 時期:2001年~現在
原爆打線[編集]

1976年の選抜高校野球優勝時の崇徳打線に対して、毎日新聞などのメディアが名付けたものとされている。

打順 選手名 守備位置
1番 山崎 遊撃手
2番 樽岡 二塁手
3番 小川 中堅手
4番 永田 左翼手
5番 應武 捕手
6番 釘屋 右翼手
7番 兼光 一塁手
8番 黒田 投手
9番 槇村 三塁手
久保 監督
戦績[編集]

甲子園戦績(春:5勝2敗、夏:3勝2敗)[8]

出場年 出場大会 大会 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝
1961 選手権 43 3-2○(武生 4-1○(新発田農 1-3●(岐阜商
1976 選抜 48 11-8○(高松商 4-1○(鉾田一 4-0○(福井 3-1○(日田林工 5-0○(小山
1976 選手権 58 10-8○(東海大四 0-1●(海星
1978 選抜 50 1-2●(南宇和
1993 選抜 65 3-5●(大宮東

軟式野球部[編集]

1995年、第40回軟式野球選手権大会に初出場。軟式野球選手権大会に出場6回(1995年第40回大会・1997年第42回大会・2001年第46回大会・2002年第47回大会・2014年第59回大会・2015年第60回大会)、2002年には国民体育大会で全国優勝を果たすなど、近年では軟式野球部も強豪校として知られている。 主なOBにオリックス・ブルーウェーブでエースとして活躍した小林宏がいる。

延長50回[編集]

2014年第59回大会では、準決勝において岐阜県の中京高等学校と対戦したが、延長50回(8月28日~8月31日)の末、3-0で敗戦した。この一戦を機に、高校野球にタイブレーク制を導入することが検討されるようになった。

戦績[編集]

選手権:4勝6敗、国体:4勝2敗

出場年 出場大会 大会 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
1995 選手権 40 2-5●(修徳
1997 選手権 42 1-6●(仙台商
2001 選手権 46 0-2●(中京
2002 選手権 47 3-1○(日大三 1-2●(比叡山
2002 国体 57 3-0○(仙台育英 9-0○(土佐塾 5-4○(育英
2014 選手権 59 2-1○(上田西 4-0○(文徳 0-3●(中京)
2014 国体 69 5-2○(三浦学苑 3-3〈TB0-2〉●(南部
2015 選手権 60 3-2○(正智深谷 0-2●(能代
2015 国体 70 0-1●(作新学院

柔道部[編集]

いわゆる強豪校として知られ、多くのオリンピック・世界選手権の金メダリストを輩出している。古くは川口孝夫南喜陽森脇保彦、また最近では上川大樹など。2013年インターハイ柔道競技では、男子団体戦で初優勝を果たした。

剣道部[編集]

インターハイや国体に複数の選手が出場している。 OBには第56回全日本剣道選手権大会で第三位に入賞した有場賢輔を輩出している。

アメリカンフットボール部[編集]

広島県内で同部を置く学校は、崇徳と広島城北(広島城北高校ロングホーンズ)の2校のみであるため、全国大会へは毎年出場している。大学スポーツ推薦の基準を満たしているため、有名大学に入学可能。チーム名は「崇徳高校ファイティングダックス」である。

ボクシング部[編集]

インターハイや国体に複数の選手が出場している。OBにプロボクサーの柳川荒士辻昌建丸亀光などがいる。また、2014年には原田直樹がボクシング高校3冠を達成している。

サッカー部[編集]

1922年創部。途中、戦争による公式試合の中止により休部状態となる。1967年に同好会として復活し、翌年にはクラブに昇格する。1977年に全国高校サッカー選手権大会に初出場を果たす。

文化系[編集]

グリークラブ[編集]

県内の高校では唯一で、全国的に見ても数少ない男声合唱部である。過去に全日本合唱コンクールに出場し、出場21回中金賞10回、銀賞8回、銅賞2回、優良賞1回をそれぞれ受賞しており、全国的な実力を誇る。また、過去8回海外演奏旅行を行っており、カーネギー・ホールで3度の演奏経験がある。秋に開催する定期演奏会も2010年度で40回を数える。最盛期は部員が100名を超えていたが近年は少子化などの影響もあり、減少傾向にある。

新聞部[編集]

「崇徳学園新聞」を刊行している。2016年第45回全国高校新聞コンクールでは「速報賞」、2017年第46回全国高校新聞コンクールでは「優秀賞」に選ばれるなど、近年は活発な活動が行われている。

かつて存在したクラブ[編集]

相撲部[編集]

かつて本校に存在した体育系クラブ。大正2年(1913年)の旧制崇徳中学校創立と同時に相撲部ができ、巡業中の綾の川栃木山を迎えて土俵開きを行った。昭和3年(1928年)に相撲場を新築して、来広中の横綱常ノ花の土俵入りが行われた。戦前の旧制崇徳中学校の相撲部は広島県のみならず中国地方でその強剛ぶりがうたわれており、昭和17年(1942年)に橿原神宮で開催された全国大会では準決勝まで進出して惜敗している。[9]戦前の相撲部隆盛の原動力に竜口浄海(四股名は滝口川、龍谷大でも横綱格)がおり、竜口の指導を受けて大正10年頃には清水義海、花本務(後に、新制高陽中学校校長・テレビ新広島取締役等を歴任)らが活躍した。花本の教え子には後に早稲田大学相撲部主将として学生相撲で活躍した中村隆夫(本校教諭)がいた。 戦後、昭和38年(1963年)には中村の指導を受けた亀岡忠が高校横綱となる等の成績をおさめている。平成に入っても毎年全国高校選手権大会に出場していたが、入部者数の減少により相撲部は休部、相撲場も姿を消すこととなった。

校章・校旗・校歌[10][編集]

校章[編集]

崇徳中学校校章
1912年4月の旧制崇徳中学校開校にあたり、初代校長である観山覚道の創案により校章が制定された。校章の三つの尖端は、三篠の地名を示すとともに仏教でいう三宝(仏宝・法宝・僧宝)を意味し、仏教的精神を教育の基調とすることを象徴している。また、知・徳・体を兼ね備えた優れた社会人への教育をも表している。戦後はそのまま新制崇徳中学校の校章として使用されている。

崇徳高等学校校章
1948年の学制改革により新制高校が発足するにあたり、新しく校章が制定された。「高」の寺は、「教育基本法」並びに「学校教育基本法」に基づく高等学校を表している。また、校章の地紋である三枚の葉は「笹」の葉で、学校所在地の「三篠」の地を表すとともに仏教の三宝を図案化したものである。
校章のもう一つの部分である「兜」の上部(鍬形)は、「帰依三法」を表すもので、仏・法・僧に帰依するという意味である。

校旗[編集]

旧制崇徳中学校校旗は1929年4月に制定された。大正末年から昭和初年にかけて、学校単位で儀礼・儀式等に参加する機会が多くなり、加えて国家的・軍事教育的な団体訓練が増加した。1929年12月に東練兵場(現在の広島駅北側、東区光町・若草町一帯に所在)で親閲式が挙行され、校旗を先頭に整列し「御親閲」を受けた。戦前の中学校旗はこの時期に制定されたものが多いとされる。
なお、戦時中には前述の崇徳中学校校旗は疎開しており、戦災を免れ、現在も学校に保存されている。

校歌[編集]

崇徳中学校の校歌は1928年11月に制定された。作詞は当時本校国語科教諭であった藤井常登、作曲は陸軍戸山学校軍楽隊指揮者を務めた永井建子である。 永井が作曲した経緯は、当時広島市にある浄宝寺住職であった諏訪令海がアメリカから帰国した後に自分の寺を欧米風に改め、図書館や青年会館を作ったり、音楽教室を開いていた。そこで当時軍楽隊を辞めていた永井に指導に来てもらっていたところへ崇徳中学校の教諭が赴いて雑談しているうちに校歌の話が出て、作曲を永井に依頼するに至ったとされる。
作曲後に永井は本校講堂において全生徒に校歌の教授・指導を行い、数回の練習で覚えさせたといわれる。

歌詞の変遷[編集]

戦後の学制改革により新制高校となったので、歌詞の一番では「わが中学校」が「われらの学園」に、また生徒数の増加により歌詞の三番では「七百の健児は雄々し」が「健児わが意気高らかに」と一部変更された。

交通アクセス[編集]

学校関係者[編集]

同窓会組織[編集]

関連項目[編集]

脚注・典拠[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 修道館(現修道中学校・高等学校)は1725年、稽古屋敷(現呉港高等学校)は1818年、広島外国語学校(現広島県立広島国泰寺高等学校)は1874年、学仏場(現崇徳中学校・高等学校)は1875年、広島県福山中学校(現広島県立福山誠之館高等学校は1879年に開校(誠之館は藩校から名前を借り受けた為、直接藩校が前身とは言えない)。
  2. ^ 仏教中学は全国で5校あった。第一仏教中学(現高輪高等学校)、第二仏教中学校(現北陸高等学校)、第三仏教中学校・高等学校(現龍谷大学付属平安高等学校)、第四仏教中学校(現崇徳高等学校)、第五仏教中学校(現龍谷高等学校)である。なお、第四仏教中学には福岡分教場があり、福岡分教場で教鞭をとっていた水月哲英が当校を継承する形で私立筑紫高等女学校を創立している。
  3. ^ 西本願寺の方針で第四仏教中学を兵庫県の六甲山に移し、武庫中学を開校した。それにより、真宗崇徳教社により新たに普通中学として「旧制崇徳中学校」を開校し存続させた。(貫名聡「崇徳教社と闡教部」『芸備地方史研究』37・38号、1961年)
  4. ^ 校歌の作曲は、広島県佐伯郡出身の作曲家・永井建子が手掛けている。
  5. ^ 「崇徳高校が大淵高校(釜山)と交流へ」-広島県日韓親善協会(http://www.jakof.jp/sub7995.htm)
  6. ^ 貫名聰「崇徳教社と闡教部」『芸備地方史研究』37・38号、1961年
  7. ^ 崇徳学園百二十年史編纂委員会編『崇徳学園百二十年史』(1995年、崇徳学園)、p.p681~684
  8. ^ 朝日新聞社(http://www2.asahi.com/koshien/hs/32/34003/)
  9. ^ 広島市役所編『新修広島市史 第四巻 文化風俗史編』(1958年)、p584~p585
  10. ^ 崇徳学園編『崇徳学園百二十年史』(1995年)を参照

外部リンク[編集]