中村時蔵 (5代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごだいめ なかむら ときぞう
五代目 中村時蔵
屋号 萬屋
定紋 桐蝶 Kiri chō inverted.png
生年月日 (1955-04-26) 1955年4月26日(66歳)
本名 小川おがわ 光晴みつはる
襲名歴 1. 三代目中村梅枝
2. 五代目中村時蔵
別名 藤間 勘三郎(日本舞踊宗家藤間流)
出身地 日本の旗 日本東京都
四代目中村時蔵
兄弟 二代目中村錦之助(弟)
四代目中村梅枝
中村萬太郎

五代目 中村時蔵(ごだいめ なかむら ときぞう、1955年(昭和30年)4月26日 - )は、歌舞伎役者。屋号萬屋定紋桐蝶、替紋は蔓片喰。 叔父に初代中村獅童、従兄弟にニ代目中村獅童が居る。

東京都出身。早世した歌舞伎役者四代目中村時蔵の長男で、現代の歌舞伎界における立女形の1人。七代目尾上菊五郎の女房役など、菊五郎劇団一座の舞台で数多くの役を務める。

国立劇場養成事業の歌舞伎俳優研修の講師を2007年より務めており、現在は主任講師である[1][2][3]

二代目中村錦之助は実弟。子に四代目中村梅枝中村萬太郎、また孫が2人いる(梅枝の長男 小川大晴と萬太郎の長女)。 白髪は自毛で一切染めていない。 趣味は陶芸。

年譜[編集]

  • 1960年に昭和35年4月歌舞伎座『八重桐廓噺』(嫗山姥)の童ほかで三代目中村梅枝襲名し初舞台。
  • 1981年に昭和56年6月歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』(妹背山)のお三輪ほかで五代目中村時蔵を襲名し名題昇進。

受賞歴[編集]

  • 1972年(昭和47年) 国立劇場特別賞
  • 1979年(昭和54年)重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる[4]
  • 1986年(昭和61年) 国立劇場優秀賞
  • 1990年(平成2年) 松竹社長賞
  • 1992年(平成4年) 歌舞伎座賞
  • 1994年(平成6年) 松尾芸能賞優秀賞、松竹会長賞
  • 1996年(平成8年) 真山青果賞奨励賞
  • 2008年(平成20年) 日本芸術院賞
  • 2010年(平成22年) 紫綬褒章[5]
  • 2011年(平成23年) 国立劇場優秀賞[6]

当たり役[編集]

補注[編集]

  1. ^ 目指せ歌舞伎俳優!役者養成コースは今年から毎年募集…時蔵「成長が楽しみ」|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース(2020年06月16日). 2020年10月30日閲覧。
  2. ^ 研修講師インタビュー 中村時蔵師 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会”. www.ntj.jac.go.jp. 2020年10月30日閲覧。
  3. ^ 人材養成が支える伝統芸能の継承 | July 2017 | Highlighting Japan”. www.gov-online.go.jp. 2020年10月31日閲覧。
  4. ^ 会員一覧 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2020年10月30日閲覧。
  5. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年4月28日). オリジナルの2013年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130516172556/http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042701000577.html 2013年1月26日閲覧。 
  6. ^ 中村時蔵 (なかむら ときぞう) | 公益社団法人 日本俳優協会”. www.actors.or.jp. 2020年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]