伊東万燿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊東 万燿
生誕 伊東 満[1][2]
1921年9月16日[2]
東京都[1]
死没 (1970-11-26) 1970年11月26日(49歳没)[1]
東京都文京区[1]
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 日本画
受賞 日展内閣総理大臣賞
1967年 「踊る」
[1][2]
日本芸術院賞
1968年 「女」
[1][2]
活動期間 昭和時代[2]
この人に影響を
与えた芸術家
伊東深水[1]

伊東 万燿(いとう まんよう、1921年9月16日[2] - 1970年11月26日[1][2])は東京都出身の日本日本画家[1][2]。本名は満(みつる)[1][2][3]。現代的な人物群像を得意とした[4]。著名な家族として実父で師父である伊東深水[4][2]、妹で女優朝丘雪路がいる[5]

略歴[編集]

日本画家伊東深水の次男として東京都に生まれる[1][2]。父に師事[4][2]

1941年(昭和16年)「楽人」が第4回新文展[注釈 1]にて入選[1]。戦後は1950年に日展依嘱となった[1]

1967年「踊る」が内閣総理大臣賞受賞[2][1]、翌1968年「女」が第24回日本芸術院賞受賞[1][2][8]

1970年11月26日、食道ガンにより東京都文京区日本医科大学付属病院で死去、満49歳没[1]

主な作品[編集]

太字は受賞。
作品制作年 / 出品備考
  •  
楽人 - 1941年 / 4回新文展 - 入選[1]
  •  
「落葉する頃」 - 1947年 / 3回日展 - [1]
  •  
「高原清秋」 - 1949年 / 5回日展 - [1][2]
  •  
「黎明」 - 1950年 / 6回日展 - [1]
  •  
「食卓」 - 1951年 / 7回日展 - [1]
  •  
「無言(しじま)」 - 不明 - [1][2]
  •  
踊る - 1967年 - 内閣総理大臣賞[1]
  •  
 - 1968年 - 第24回日本芸術院賞[1]神奈川県立近代美術館[9]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 日本美術年鑑では「4回文展」[6]だが日展公式サイトでの1941年開催は「新文展」[7]とあるので公式出典に従う。
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「伊東万燿」(2015年12月14日)、2016年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p デジタル版 日本人名大辞典+Plus『伊東万燿』 - コトバンク. 2016年8月2日閲覧。
  3. ^ 作者詳細、日本芸術院公式サイト。
  4. ^ a b c 美術人名辞典『伊東万燿』 - コトバンク. 2016年8月2日閲覧。
  5. ^ "朝丘雪路さんが死去、82歳 女優". 日本経済新聞. 2018年5月20日. 2018年5月22日閲覧. 
  6. ^ 『日本美術年鑑』昭和46年版、109-110頁。
  7. ^ 展覧会の変遷と開催年(明治40年~現在)”. 日展. 2016年8月2日閲覧。
  8. ^ 歴代授賞者詳細”. 日本芸術院. 2016年8月2日閲覧。
  9. ^ 伊東万燿 いとう まんよう (1921-1970)”. 神奈川県立近代美術館. 2016年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]