野澤錦糸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野澤 錦糸(のざわ きんし)は、文楽義太夫節三味線方の名跡

初代[編集]

のちの5代目野澤吉兵衛

2代目[編集]

3代目[編集]

1890年8月12日 - 1926年1月21日)本名は金谷朝治郎。

大阪の生まれ、1901年に5代目野澤吉兵衛に入門し野澤一彌。1911年に6代目吉兵衛の門下。1918年に3代目錦糸を襲名。実の子が4代目錦糸。

4代目[編集]

1917年10月12日 - 1988年11月14日)本名は金谷一雄。

大阪の生まれ、3代目の実の子。物心付いたころから父・3代目の手解きを受ける。1926年に4代目鶴澤綱造に入門し鶴澤綱延を名乗る。1928年には野澤勝平(後の2代目野澤喜左衛門)に師事し、1931年文楽座で初舞台。1942年に4代目錦糸を襲名。狂言「新口村」等を得意とした。1987年勲五等双光旭日章受章、1988年重要無形文化財保持者人間国宝)認定、1989年文楽賞特別賞受賞。

5代目[編集]

1957年6月11日 - )

4代目錦糸の弟子で野沢錦彌、4代目錦糸没後、5代目鶴澤燕三の預かり弟子。1998年に5代目錦糸を襲名。 文楽研修生出身で初めて大名跡を襲名した。

長らく7代目竹本住大夫の三味線を務める。

2011年芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)、日本芸術院賞受賞。 2013年紫綬褒章受章。

外部リンク[編集]