松尾敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 敏男(まつお としお、1926年3月9日 - 2016年8月4日[1])は、日本画家日本芸術院会員、日本美術院理事長。

来歴[編集]

長崎県長崎市生まれ。堅山南風に師事。東京府立第六中学校(現・東京都立新宿高等学校)卒業。在学中は体操選手であった。

1949年に『埴輪』が院展初入選。以後院展に出品を続け、1962年初の院展奨励賞、1966年院展日本美術院賞、1971年芸術選奨新人賞、1975年院展文部大臣賞、1979年日本芸術院賞[2]。1988年多摩美術大学教授に就任。

1994年、日本芸術院会員。1998年、勲三等瑞宝章。2000年、文化功労者。2012年、文化勲章受章[3]

2016年8月4日、肺炎のために死去[1]。90歳没。歿後に従三位追叙[4][5]。木杯一組追贈[6]

画集など[編集]

  • 花の四季 画文集 日本放送出版協会 1981
  • 花の四季-画文集(続) 日本放送出版協会、1985
  • 松尾敏男画集 日本放送出版協会、1987

脚注[編集]

  1. ^ a b “日本画家の松尾敏男さん死去 日本美術院理事長”. 朝日新聞. (2016年8月8日). http://www.asahi.com/articles/ASJ883T3PJ88UCVL001.html 2016年8月8日閲覧。 
  2. ^ 『朝日新聞』1979年3月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  3. ^ 松尾敏男 プロフィール院展/日本美術院ホームページ
  4. ^ 官報』第6859号(平成28年9月14日付)9頁
  5. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2016年9月3日朝刊
  6. ^ 『官報』6930号、平成29年1月5日