岩倉壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩倉 壽(いわくら ひさし、1936年6月30日 - )は、日本画家日本藝術院会員。日展常務理事。京都市立芸術大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

香川県三豊郡山本町(現 三豊市山本町)出身。香川県立観音寺第一高等学校京都市立美術大学(現 京都市立芸術大学)日本画科卒業。同大学専攻科修了。

風景や花鳥などの題材を淡い色彩で描く。京都市立美術大学在学中に日展への初入選を果たす。1959年(昭和34年)同大学卒業後、晨鳥社に入り、山口華楊に師事。日展を中心に活躍する一方、大学に残り、後進の指導に当たってきた。1961年(昭和36年)同大学専攻科修了。1962年(昭和37年)同大学教授に就任。

1972年(昭和47年)の第4回新日展では「柳図」が、続く1976年(昭和51年)の第8回新日展では「山里」が特選となる。日展評議員となった1990年(平成2年)には「晩夏」が日展内閣総理大臣賞を受賞、2003年(平成15年)は改組日展出品作「南の窓」が日本藝術院賞を受賞。

2006年(平成18年)日本藝術院会員に就任。

受賞歴[編集]

  • 1963年 - 関西展で読売新聞社賞受賞
  • 1966年 - 日展特選
  • 1990年 - 日展内閣総理大臣賞
  • 2003年 - 日本藝術院賞受賞

展覧会[編集]

  • 2010年 - 岩倉寿展(笠岡市立竹喬美術館)

参考文献[編集]

  • 『2010年版 美術家名鑑』(美術倶楽部)(2010年)
  • 『香川県人物・人材情報リスト 2011』(日外アソシエーツ)(2011年)