吉岡堅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉岡 堅二(よしおか けんじ、1906年10月27日 - 1990年7月15日)は、日本画家

略歴[編集]

東京・本郷の生まれ。父は日本画家吉岡華堂。野田九浦に師事する。藤田嗣治の友人の洋画家高崎剛の留守宅を借りて住んだ際に制作した「奈良の鹿」で、わずか24才にして帝展特選となる。福田豊四郎小松均と山樹社、豊四郎・岩橋英遠らと新日本画研究会を、さらに新美術人協会を結成し日本画の革新運動を展開、大胆なフォルムの豪快な作風で画壇に新風を送り込んだ。戦後は、山本丘人上村松篁・豊四郎・高橋周桑らと創造美術を結成、西洋東洋を融合させた常に新傾向の日本画を追求し続けた。1971年日本芸術院賞受賞[1]東京芸術大学教授(1969年退官)。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1971年4月10日(東京本社発行)朝刊、23頁。