吉岡堅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉岡 堅二(よしおか けんじ、1906年10月27日 - 1990年7月15日)は、日本画家

略歴[編集]

東京都本郷の生まれ。父は日本画家吉岡華堂。野田九浦に師事する。藤田嗣治の友人の洋画家高崎剛の留守宅を借りて住んだ際に制作した「奈良の鹿」で、わずか24歳にして帝展特選となる。福田豊四郎小松均と山樹社、豊四郎・岩橋英遠らと新日本画研究会を、さらに新美術人協会を結成し日本画の革新運動を展開、大胆なフォルムの豪快な作風で画壇に新風を送り込んだ。戦後は、山本丘人上村松篁・豊四郎・高橋周桑らと創造美術を結成、西洋東洋を融合させた常に新傾向の日本画を追求し続け「伝統日本画の亡霊と闘う画家」と評された。1971年日本芸術院賞受賞[1]東京芸術大学教授(1969年退官)。

主な作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款・印章 備考
奈良の鹿 紙本着色 額1面 181.0x183.8 京都国立近代美術館 1930年 第11回帝展特選
椅子による女 紙本彩色 額1面 225.0x121.5 東京国立近代美術館 1931年 第12回帝展
小憩 紙本彩色 額1面 200.0x185.0 東京国立近代美術館 1933年 第14回帝展
海浜 紙本彩色 額1面 185.0x196.0 東大和市立郷土博物館 1934年 第15回帝展
熱帯植物と蛾 紙本彩色 二曲一隻 151.3x158.0 個人(東大和市立郷土博物館寄託 1935年 第1回煌土社展
高原白夜 四曲一隻 神奈川県立近代美術館 1936年
乳牛 紙本彩色 四極一隻 236.0x376.0 東大和市立郷土博物館 1938年 第1回新美術人協会展
紙本彩色 四曲一隻 212.0x364.0 東京国立近代美術館 1939年 第5回煌土社展
駱駝 紙本彩色 額1面 125.1x228.5 京都国立近代美術館 1939年 第5回煌土社展
氷原 紙本彩色 六曲一隻 211.7x546.0 東京国立近代美術館 1940年 第3回新美術人協会展
苔庭 紙本彩色 額1面 197.8x183.8 京都国立近代美術館 1941年 第4回新文展
雨中急追 紙本彩色 額1面 146.0x159.0 個人(東大和市立郷土博物館寄託) 1941年 第2回聖戦美術展
カリジャティ西方の爆撃 紙本彩色 額1面 192.0x260.5 東京国立近代美術館保管(アメリカ合衆国無期限貸与) 1942年 第1回大東亜戦争美術展
高千穂降下部隊レイテ敵飛行場を攻撃す 紙本彩色 額1面 186.5x254.5 東京国立近代美術館保管(アメリカ合衆国無期限貸与) 1945年 戦争記録画
尾瀬沼畔 紙本彩色 額1面 112.5x98.5 上田市立美術館 1947年 第3回日展
紙本彩色 額1面 157.5×126.0 東京国立近代美術館 1948年 第1回創造美術展
紙本彩色 額1面 152.0x121.0 愛知県美術館 1959年 第23回新制作協会展

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1971年4月10日(東京本社発行)朝刊、23頁。

参考文献[編集]

  • 山田論 中村暁子 保崎裕徳編集 『「画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか」展』 名古屋市美術館、2015年