福田豊四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 豊四郎(ふくだ とよしろう、1904年11月27日 - 1970年9月27日)は、日本の画家日本画の革新に尽力した。本名は福田豊城。息子に俳優の福田豊土がいる。

生い立ち[編集]

秋田県鹿角郡小坂町の生まれ。1921年京都土田麦僊に師事しのち川端龍子の門人となる。1934年に吉岡堅二小松均らと「山樹社」を設立する。さらに岩橋英遠らを加えて「新日本画研究会」、つづいて「新美術人協会」を結成し、1947年まで活動した。1948年には山本丘人上村松篁らを加え、13名で「創造美術」を結成した。

「創造美術」は1951年に洋画の団体「新制作派」と合体し、「新制作協会」としてスタートした。その後、日本画部は「創画会」となり、日本画の有力団体のひとつとして活躍を続けている。 

豊四郎は大正から昭和にかけて「世界性に立脚した日本画の創造」をスローガンに、日本画に新風を吹き込むべく旺盛な作家活動をし一貫して郷里の秋田をテーマに描き続けた。晩年は肝硬変による入退院を繰り返し、1970年に65歳で没した。

新しい日本画[編集]

豊四郎は“新しい日本画”への改革について次のような考えを述べている。

  • 「新と言う意味はオリジナリティーを意味する。自然は永遠に変化しないが画家の目、頭脳は新しい観点から観照し表現しなければならない。博物館は歴史を教える、しかしわれわれは歴史を作らなければならない。[1]
  • 宗達光琳山楽永徳ら皆その芸術の偉大性は、その単純化された緊密な表現が自然そのものの真実性を抜き差しならないところまで追い詰めている。[2]
  • 「日本画は平面である。かつてそれ故にデコラティブ(装飾的)な形式の進歩があり、色面が浅いから空白を生かし、量感が出ないから象徴的に自然を凝視してきた。自分は日本画の新しい進歩段階として封建鎖国主義から開放されて、洋風絵画の摂取は一つの過程・必須の条件だと考える。[2]

作品[編集]

日本画の平面性に対して、“奥行き”“量感”“質感”といった表現を、“彩色”“ 輪郭線”によって用いている。豊四郎の代表作でもある『海女』(東京国立近代美術館)ではそのような表現がなされており、また独自の画風から色彩の濃淡などで存在感や躍動感を表現したとされた。

キュビスムへの試みとして『八郎潟凍漁』や『五月山湯』(秋田県立近代美術館)では、視点を横から真上と廻る目線の動きにより空間や立体の表現を模索したとされる。

『ふるさとへ帰る』(第28回新制作展)、『樹氷』(秋田県立近代美術館)などのシュルレアリスムへの影響も見られ、『早苗曇り』(秋田県立近代美術館)では無駄を省き、単純化した大胆な構図のなかで、雨もよいの空気を表現し、帝展特選となった。

また豊四郎は新聞挿画なども多数手がけており、井上靖、今日出海、林芙美子三浦綾子等がある。

「私の作風はロマンティックレアリスムである」と言っていたように、いずれの作品も秋田の叙情性をテーマとして選び心温まる作風でもある。

画集など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 美術評論(1936年)より
  2. ^ a b 新日本画の動向・搭影(1937年)より

外部リンク[編集]