青木鈴慕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

青木 鈴慕(あおき れいぼ)は、尺八琴古流名跡

初代[編集]

明治23年(1890年7月15日) - 昭和30年(1955年7月2日))本名は青木誠造。

神奈川県横浜の生まれ、父が、兄が尺八奏者だったため、18歳で初代川瀬順輔に入門し川瀬社中に入る。20歳で尺八指南になる。鈴慕会を組織。大正10年(1921年)に川瀬社中を離れ、独自に東京竹友社を組織。日本三曲協会理事、尺八協会会長などを務めた。次男が2代目青木鈴慕、孫に青木彰時

2代目[編集]

(昭和10年(1935年10月4日) - 平成30年(2018年8月21日)本名は青木静夫。

初代青木鈴翁

3代目[編集]

本名は青木彰時。2018年、2代目青木鈴慕から襲名し、3代目青木鈴慕となる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]