宮之原謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮之原 謙(みやのはら けん、明治31年(1898年2月9日 - 昭和52年(1977年8月23日)は日本の陶芸家日展理事参与光風会理事などを歴任。東京教育大学窯業科講師を務めた。

略歴[編集]

1898年(明治31年)鹿児島市生まれ。麹町小学校、麻布中学校(現麻布中学校・高等学校)卒業。早稲田大学建築科中退。1924年(大正13年)ごろに川端画学校へ通い、山之内高門に日本画宮川香山に陶芸を学んだ。また、板谷波山にも師事し、1927年(昭和2年)「東陶会」創立に参加。1929年(昭和4年)第10回帝展に「鉄砂釉竹又陶製花器」で初入選し、岡倉由三郎インド哲学を学ぶ。1931年(昭和6年)第12回帝展に壁面照明「銀河」、翌年の第13回には釉薬象嵌「十字文花瓶」で連続して特選を受賞し、1933年(昭和8年)帝展無鑑査となった。また、佐々木象堂とともに「新潟陶苑」を創設し、越路焼の指導を行った。1937年(昭和12年)第1回文展をはじめとし、戦後の日展の審査員をつとめた。1950年(昭和25年)日展参事となり、1958年(昭和33年)日展評議員、1969年(昭和44年)日展理事に就任。1973年(昭和48年)には日展参与となった。

受賞[編集]

作品[編集]

  • 「鉄砂釉竹又陶製花器」
  • 「銀河」
  • 「空」
  • 「泰山木大皿」
  • 「十字文花瓶」
  • 「挿花用花瓶一対」
  • 「牡丹文窯変花瓶」
  • 「彩盛上花瓶」

など

参考文献[編集]

  • 『日本美術年鑑』1978年

外部リンク[編集]