粟津則雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

粟津 則雄(あわづ のりお、1927年昭和2年)8月15日 - )は、日本の文芸評論家フランス文学者美術評論家詩人日本芸術院会員。「歴程」同人。

愛知県西尾市出身。第三高等学校卒業、1948年東京帝国大学文学部仏文科に入学、1952年東京大学卒業、フランス文学の翻訳、美術評論等をなす。1964年より法政大学経済学部助教授、のち教授、1997年定年退職して名誉教授。いわき市立草野心平記念文学館長。1970年『詩人たち』、『詩の空間』で藤村記念歴程賞、1982年『正岡子規』で亀井勝一郎賞、2010年『粟津則雄著作集』で鮎川信夫賞特別賞受賞。1993年紫綬褒章、99年勲三等瑞宝章受章。2010年日本芸術院賞恩賜賞受賞、芸術院会員[1]

小林秀雄アルチュール・ランボーに影響を受け、フランスの詩、美術、音楽について多数の評論活動を行い、正岡子規にも関心が深い。

著書[編集]

  • ルドン 生と死の幻想』美術出版社 1966
  • 『詩の空間 粟津則雄文学論集 1957-1966』思潮社 1969
  • 『詩人たち 粟津則雄文学論集 1966-1967』思潮社 1969
  • 『思考する眼 画家とことば』美術出版社〈美術選書〉1969
  • 『詩の意味 粟津則雄文学論集 1967-1969』思潮社 1970
  • 『近代芸術の意味』未來社 1970
  • 『表現の場』冬樹社 1972
  • 『現代詩史』思潮社 1972
  • 『解体と表現 現代文学論』筑摩書房 1972
  • 『詩の行為』思潮社 1973
  • 『アルテュール・ランボオ』日本放送出版協会NHKブックス〉1973
  • 『出会いの旋律 音楽論集』芸術生活社 1974
  • 『憂鬱なる旅行者』立風書房 1975
  • 『ランボオとボードレール第三文明社レグルス文庫〉1975
  • 『音楽の魔』音楽之友社 1976
  • 大岡中原富永』第三文明社 1976
  • 『孤立と共鳴 近代画家論』読売新聞社 1977
  • ゴッホの旅』平凡社カラー新書 1977
  • 『主題と構造 武田泰淳と戦後文学』集英社 1977
  • 『思考のアラベスク』第三文明社 1977
  • 『少年ランボオ』思潮社 1977
  • 『絵とかたち わが現代芸術家論』新潮社 1977、講談社学術文庫 1985 
  • 『西欧への問い』朝日新聞社 1978
  • 『文体の発見 本居宣長から中島敦まで』青土社 1978
  • 『ランボオの生成』思潮社 1979
  • 『詩歌のたのしみ』角川書店 1979
  • 『文学の内面』立風書房 1980
  • ヨハネの微笑 近代芸術断想』小沢書店 1980
  • 『音楽の風景』共同通信社 1980
  • 萩原朔太郎論』思潮社 1980
  • 『現代詩史 戦後現代詩史・戦後詩人論』思潮社 1980
  • 『暗い眼 情景集』青土社 1980
  • 『小林秀雄論』中央公論社 1981
  • 『正岡子規』朝日新聞社〈朝日評伝選〉1982、講談社文芸文庫 1995 
  • 『書物との対話』青土社 1982
  • 『音楽の表情』共同通信社 1982
  • 『日常と記憶』弥生書房 1983
  • 『音楽のたのしみ』青土社 1983
  • 『ゴッホ紀行』平凡社 1984
  • 『オディロン・ルドン 神秘と象徴』美術出版社 1984
  • 『影の女』福武書店 1984
  • 『美の近代』岩波新書 1986
  • 『音楽と文学との対話』音楽之友社 1986
  • 『眼とかたち』未來社 1988
  • ダンテ地獄篇精読』筑摩書房 1988
  • 『日本洋画22人の闘い』新潮選書 1988
  • 『聖性の絵画』日本文芸社 1989
  • 『幻視と造形』未來社 1991
  • 『ヨーロッパ美術紀行』筑摩書房 1992
  • 『自画像は語る』新潮社 1993
  • 『精神の対位法』日本文芸社 1994
  • 『世紀末文化私観』新潮社 1994
  • 『雪のなかのアダージョ』新潮社 1998
  • 『日本美術の光と影』生活の友社 1998
  • 『音楽との対話』音楽之友社 1999
  • 『自画像の魅力と謎 自己を見つめた11人の画家たち』日本放送出版協会〈NHKライブラリー〉 2001
  • 『あなたへの手紙』思潮社 2002
  • 『沈黙に向きあう』青土社 2005
  • 『日本人のことば』集英社新書 2007
  • 『ことばと精神-粟津則雄講演集』未來社 2009
  • 『私の空想美術館』生活の友社 2010
  • 『見者ランボー』思潮社 2010
  • 『畏怖について など』思潮社 2012
  • 『美との対話 私の空想美術館』生活の友社 2014
  • 『ピカソ 二十世紀美術断想』生活の友社 2016
  • 西行覚書』思潮社 2016

著作集[編集]

  • 『粟津則雄著作集』思潮社 第1期(第7巻まで) 2006~2009。第2期、2014~2016
  1. 詩人論
  2. 絵画論
  3. 美術論
  4. 作家論
  5. 文学論
  6. 音楽論
  7. 芸術論
  8. 文学論 Ⅱ
  9. 作家論 Ⅱ
  10. 美術論 Ⅱ
  11. 小説・随筆

編著・共著[編集]

  • 『ランボオの世界』青土社 1972
  • 正岡子規『筆まかせ抄』岩波文庫 1985
  • 『粟津則雄が語る20世紀の素敵な演奏家たち』河野保雄対談 芸術現代社 2007
  • 安東次男全詩全句集』中村稔共編 思潮社 2008
  • 『ことばへの凝視 粟津則雄対談集』未來社〈転換期を読む〉 2013

翻訳[編集]

連載中[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版日本人名大事典『正岡子規』講談社文芸文庫、年譜