國領經郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

國領 經郎(こくりょう つねろう、1919年10月12日 - 1999年3月13日)は、洋画家日本芸術院会員。

人物[編集]

神奈川県横浜市生まれ。東京美術学校図画師範科卒業。日展光風会展日洋展などのほか、国際形象展アジア現代美術展などにも出品、国際的に活動。戦前の中学校美術科教諭に始まり、1985年に横浜国立大学教育学部の教授を退任するまで、美術教育の分野でも多くの業績を残した。

1947年日展初入選、1955年、1969年、1971年の日展で特選、1983年第2回宮本三郎記念賞受賞、1986年日展で内閣総理大臣賞受賞。1991年日本芸術院賞受賞、同年日本芸術院会員。1992年紺綬褒章受章、日展常務理事(以降没年まで)。1994年勲三等瑞宝章受章。1999年3月13日死去、4月に横浜美術館で國領經郎展開催(回顧展準備中の死亡であったため追悼展となった)、11月の第31回日展に遺作が出品された。

砂の風景画家として著名であるが元来人物画も得意とする。1950年代後半から様々な点描法による風景画を試みていたが、1960年代中頃より徐々に砂のある風景を描くようになり、技法もモチーフも変化していった。以降は若者の群像、砂丘や風紋、海や舟、鳥などのモチーフで構成した「砂の風景」をテーマに数多くの作品を描き、彼の作品群のメインテーマとなった。

主な作品[編集]

著書など[編集]

  • 中学校美術科基本的事項の指導 2 高山正喜久共編 明治図書出版 1971(共編)
  • 国領経郎 裸婦 学習研究社 1983
  • 国領経郎 砂の風景 学習研究社 1985
  • 国領経郎展 日動画廊 1993
  • 國領經郎展 横浜美術館 1999

脚注[編集]

関連項目[編集]